『4Kテレビ』と『ハイビジョンテレビ』の基本的な違いを知っておこう!

 

4Kテレビが欲しい!でも、どのメーカーの
モデルが1番おすすめなんだろう?」

こんな風に思っている方は、
案外多いのではないでしょうか。

 

現在は「4Kテレビ」「有機ELテレビ」など、
高画質のテレビが主流となっています。

ちなみに4KのKは、「キロ」の略で「千」を意味します。

 

画面に並んだ画素と呼ばれる光の粒が、
横に約4000あるため「4Kテレビ」と言われており、
色鮮やかで立体感ある映像を楽しめます。

 

そこで今回は、4Kテレビのサイズやおすす機種の価格帯と、
ハイビジョンテレビとの違いをご紹介したいと思います。




 

4Kテレビとハイビジョンテレビの違いは最小サイズにあり?

 

4Kテレビの画面サイズは、最小40インチとなっています。

 

4Kテレビの最大の魅力は、
4K放送とブルーレイや現行放送の番組を、

4Kアップコンバートで
より高画質で見ることができる点でしょう。

 

単純にいうと、今まで最高だった
ハイビジョンのさらに上を行くフルハイビジョン(2K)の、

4倍の高画質を得られるという訳です。

 

4Kテレビを部屋に置く場合なら、
8~10畳間に置くとすると43インチ~55インチが、

それ以下の畳数の場合は、
40インチか43インチがおすすめとなります。

 

8畳間の短辺と平行に置くなら55インチでもOKですが、
でも長辺と平行なら大きすぎて、
部屋とのバランス上あまりおすすめできません。

 

4Kテレビはハイビジョンテレビとは違う性能や機能が魅力

 

ここでは、これから4Kテレビを購入するという方のために、
おすすめ機種や価格帯についてご紹介していきましょう。

 

1)パナソニック「ビエラ」

パナソニックのビエラのおすすめポイントは、
とにかく何といっても鮮やかな色彩です。

ビエラには、鮮やかな明るい色を上下左右のどこからでも、
クッキリと見られる「IPS LED液晶パネル」という
広視野角のパネルが搭載されているのが特徴になっています。

 

また、映像本来の色に忠実な広い色彩を実現するための、
ヘキサクロマドライブ」技術を開発、まるで
目の前で広がるような迫力の色彩が忠実に再現されます。

ビエラの上位機種にはこのパネル技術が採用されており、
美しい色合いの画面を一にも二にも重視したいという方には、
ビエラがとても気に入るのではと思います。

 

おすすめ機種は、IPS LED液晶パネルで
臨場感ある豊かな低音が実現できる、

「ダイナミック サウンドシステム」が搭載された
「EX750シリーズ」です。

 

43インチであれば、10万円以下で
購入することができます。

映画も音楽も映像と一体化する、
臨場感あふれる音響を楽しみたいという方に
特におすすめですよ。

 

2)ソニー「ブラビア」

ソニーのブラビアは、「直下型LEDバックライト」
ポイントの4Kテレビです。

シーンに応じ、不要な発光を抑えることで高コントラストを実現、
暗いシーンでの奥行き感は抜群に優れており、
美しい映像を映し出すことが可能になっています。

 

さらに「トリルミナスディスプレイ」で、
今まで表現しきれなかった
繊細な色のニュアンスも出せるようになっています。

おすすめは「X9000Fシリーズ」で、
高コントラストでつややかで上質な輝きのある映像を実現、
リアルな黒と美しい映像が再現されています。

 

サイズは49インチからとなっており、
価格帯は12~13万円になっています。

高コントラストで、臨場感ある
ダイナミックな映像を楽しみたい方には、
ソニーのブラビアがおすすめですよ。

 

3)東芝「レグザ」

東芝のレグザの最大の特徴・魅力というのは、
放送済みの過去番組表から見たい番組を、
すぐに再生できる「タイムシフトマシン」であること。

録画の手間なくあらゆる番組を保存できて、
時間を選ばずに好きな番組を視聴することが可能です。

 

ただし、別売の
タイムシフトマシン対応のUSBハードディスクが必要ですので、
一緒に購入することを忘れないようにしましょう。

また、レグザは機種により「全面直下型LED」を採用しており、
下位機種が採用している部分型となる
「エッジ型LED」より全く輝きが違っています。

 

「X920」「Z720X」「BZ710X」シリーズは、
4K放送対応のスカパー!チューナーが内蔵されていますので、
YouTubeやひかりTV4Kなどがこのテレビ1台で楽しめます。

テレビを見たい時になかなか見られない忙しい方には、
東芝のレグザがおすすめですよ。

 

1番のおすすめは、全画面直下型LEDバックライトが付き、
タイムシフトマシーンがついた「Z720Xシリーズ」です。

価格は49インチで、22~23万円台となっています。

 

・SNSで話題になっている昨日の地デジが見たい
・今放送中の番組を最初から見たい

という方には東芝の4Kテレビがおすすめです。




まとめ

 

4Kテレビはハイビジョンに比べ高画質なだけでなく、
機種によりおすすめな点も異なっていて、
テレビ好きにはたまらない家電品となっています。

 

これから超高画質テレビを購入したいという方は、
さまざまな特徴をお好みに合わせて、
4Kテレビを選んでみてはいかがでしょうか。

 

 

コメントを残す