あなたが人生で後悔した時に思い出してほしい。後悔しない生き方とは?

 

あなたが今、この記事にたどり着いたのは、何がしか失敗して、後悔しているからだろうと思います。

後悔と言う言葉はとてもネガティブな言葉で、後悔している間は、人間的に成長することはありません。

 

しかし、後悔しても失敗したことを反省すれば、次の機会に成長しようと誓うんですよね。

とは言え、後悔してばかりでは、その内へこたれてしまい、再起することを止めてしまうでしょう。

 

今回は、どうやったら後悔しない人生を歩むことができるのか、考えてみようと思います。




 

人生と言うものは、皆、後悔の連続ばかりなのか?

 

普通、人は毎日何らかの目標を立て、それを基にして行動していると思います。

 

ところが中には、朝起きてから何も考えずに、その時その時にぶち当たったことに対応して、それで行動を起こしている人もいます。

後悔することはなく、淡々と毎日を過ごしています。

そんな人って、ある意味シアワセな人ですよね。

 

だって気の向くままに、特に深く考えることもせず過ごしても、メシを食べて行けるんですから、私から見ればシアワセこの上ない人生と思う訳です。

きっと親か誰かの遺産を相続して、お金の使い道に不自由がないのでしょう。

 

しかし、何も後悔のない人生と言うのは、ものを消費するばかりで、何も世の中に良いことを産むことがありません。

それこそ死ぬ間際に「自分の人生ってこれで良かったのだろうか?」と、死ぬほど後悔することでしょう。

 

だったら、日々の行動に少しは悔いを感じ反省して、それを新しい明日に生かす人生の方がマシだと思いませんか?

 

つまり、全然悔いのない人生を送るより、ある程度後悔しながらも自分を省みる人生の方が、充実感を覚えるのではないでしょうか。

充実感を覚えると言うのは、例えばあなたが誰かの役に立って感謝され、その結果、収入を得たりすることです。

 

何も充実感を覚えることなしに死ぬのって、こんな空しいことはないでしょう。

だから、全く後悔しないよりは少しは後悔した方が良いと、私は思っています。

 

でも、でもです。

 

いつも何か行動を起こすたび後悔の連続では、やっぱり気が持たないですよね。

後悔の回数もほどほどにしたいものです。

 

ちなみにですが、あなたの後悔の根拠は、一体どこから来るのでしょう?

仕事そのものに関することでしょうか?

収入に関することでしょうか?

それとも恋愛や結婚に関すること?

 

どんなことにせよ、まともに生きて来た人なら、誰でも後悔のない人生などありえません。

そもそも私だって、今まで就いた仕事には、後悔の連続だったんですからね。

 

もっと自分に合った、収入の伴う仕事があったに違いないと・・・。

どうして、自分の能力に基づいた仕事を追求しなかったのだろうと、時々考えてしまっていたんです。

 

そこで最近は、こう考えるようにしています。

 

どう後悔したって、今更、人生をリセットさせることなんて不可能だ。

別の道を歩んだところで、結局は、今いるこの立場にたどり着くんじゃないかって。

 

だったらほんの少しだけ、自分の理想に近づける道へ進む方法を考え、これからは行動を起こすべきじゃないだろうかと。

 

ここで、少しあなたも考えてみて下さい。

後悔も反省も、どちらも過去を顧みることに違いはありません。

 

ところが後悔は、あくまで過去を悔やんでいるだけで、得るものはありません。

対して反省は、まずは悔やむことをしても、今後悔やまないためには、どうすれば良いか考えますよね?

 

つまり、反省には未来がある訳です。

 

悔やむことそのものは悪いことではありませんが、いつまでも悔やんでばかりでは、時間を浪費するだけです。

悔やんだら同時に反省して、気持ちだけでも前向きになるべきでしょう。

そうすれば、きっと何らかの変化があなたにもたらされます。

 

自分の考えで行動してきたあなたも、どの道を選択したところで、きっと今いる立場にそれほど違いはないはず。

人生いくら努力したところで、できないものはできないのです。

 

例えばノーベル賞を受賞した人は、自らの努力のたまもので受賞できたと、周りの人達は称賛しますが、それは違うと思います。

受賞した人の置かれた環境、そこにいた多くの人々の協力、そしてもって生まれた “運”、これらが融合して最後に賞がもらえたのでしょう。

 

どんなに努力して周りの協力があっても、その後に “運” がバックアップしてくれないなら、ノーベル賞など手にすることはできません。

その代表的な方が日本人で言えば、村上春樹氏ではないでしょうか。

 

人生、自分のできる範囲で行動を起こすべき

 

 

あなたが今、どんな立場にあろうと、それを素直に受けるしか生きる術はありません。

 

過去にあらゆる道に進もうと、どんな行動に出たとしても、大なり小なりあなたが今いる立場は、そんなに違いはなかっただろうと思います。

良く人間は、努力さえすれば無限の力を発揮できるなんて言いますが、それは半分ウソではないでしょうか。

 

無限の力を発揮するには、大勢の人達の協力が必要ですからね。

 

ですから、あなた一人だけがもがいたところで、あなたの理想を達成するなんて夢。

不可能です。

 

なので、一人いつまでも後悔するのはやめましょう。

 

それよりもっと、手の届きそうな理想を求めてはいかがでしょうか?

しかも、その理想を苦しみながら求めるのではなく、楽しみながら求めるのです。

 

そのために、他の人に救いを求めても、何ら問題はないと思いますよ。

少しくらい人に頼って、負担を掛けたって大丈夫です。

 

負担を掛けたってあなたを助けてくれる人は、何らかのメリットが自分にもあるから、助けてくれるんですから。

いつまでも後悔し続けていないで、自分の置かれた立場・能力・運を考慮しながら、この先の道を進みましょう。

 

いつまでもクヨクヨしていては、あっという間に人生を終えてしまいますよ。




 

まとめ:後悔しない生き方を名言から学ぼう

 

さて、今回私が伝えたかったことを、少しでもお分かりいただけたでしょうか。

自分の過去を後悔するばかりではダメで、後悔を反省に変えることです。

 

そして、自分の置かれている立場や能力、そして自分の持つ運を考えて、達成できそうな範囲で今後の進むべき道を選択して下さい。

 

自分の持てる力が足りない分は、他人の力を借りて進んで行きましょう。

それが、少しでも後悔のない人生を送る秘訣だと、私は思うのです。

そうしないと本当に、人生はあっと言う間に終わってしまいますよ。

 

ここでもっと権威のある、あなたもご存知の有名人の名言を紹介したいと思います。

56歳の短い生涯を過ごした、アップル社創業者のスティーブ・ジョブズです。

 

「 Stay hungry Stay foolish 」

 

彼はいばらの道を歩みながら、Macコンピューターで有名な会社を、世界有数の企業に育てました。

ところが48歳の時にすい臓ガンに掛かり、治療を勧められたものの化学治療を拒否して、完治不能な状態に陥ってしまいました。

それが彼の最大の後悔になった訳ですが、それでもめげることなく、人生を全うします。

 

そこで彼はいくつもの場所で講演をし、”人生は無限ではない。いつも自分は明日死ぬかもしれないと危機感を持って、一日一日を大切に生きなさい” と語りました。

 

まさにそうですよね。

 

やればできると自分の運を過信して、結局できなかったことを悔やむんじゃなく、やればできそうなことに限定して、困難な時は誰かの助けをこびながら、この先の道を歩むことが大切です。

自分の望む理想が叶わないからと言って、悔やみ続けるのはやめましょう。

 

やるだけやったらその結果が不出来でも、いつまでも悔やまない。

できなかったことはなるべく早く忘れて、できたことを勲章に、最後まで人生を全うできたら◎と、心に決めておこうではありませんか!

 

 

 

コメントを残す