『便秘解消即効トイレ!?』トイレで使う踏み台で便が出やすくなる!

 

“便秘解消即効トイレ” って、何のことかお分かりになりますか?

便秘に悩んでいる人は男女問わずいますが、特に女性に多いと聞きます。

 

便秘になってしまう原因は、体質や食べ物の摂取の偏りにもよりますが、家にいる時間が長く運動不足に至ることでも起こりますよね。

しかし根本的になりやすくなってしまう原因は、実はトイレそのものにもあるんです。

 

それは現代の住宅で多く使われている “洋式トイレ” です。

と言っても洋式トイレそのものにじゃなく、用を足す時の姿勢に原因があるのです。

 

これはどう言うことなのか解説するとともに、対策として簡単に便秘を解消できる、即効トイレにする方法をお伝えしましょう。




 

便秘がちな人には本当は和式トイレが相応しい

 

 

多くの人が愛用する洋式トイレは、座り心地が良く快適で、長い時間座っていても苦になりません。

対して和式トイレは、その便器の形ゆえに脚を開いてまたがなければならず、しゃがんだ姿勢で体重を支える必要もあるので、腰を痛めやすいです。

 

ところがこの前かがみの姿勢こそが、腸や肛門に負担を掛けずに済む姿勢なんですね。

 

ちょうど太ももからの圧力が、大腸に対して自然な加圧になります。

この時、直腸と肛門が真っすぐになるので、ウ~ンと思い切り腹を力ませなくても、出るべきものが出やすくなると言う訳なんです。

 

洋式トイレの座った姿勢だと、どうしても腹に力を入れる必要があるので、便がスムーズに出て来なくて便秘になりやすくなりますね。

文章の説明だけではピンと来ないかも知れませんが、実際、自分で洋式トイレで力む感じと和式トイレで力む感じをイメージしてみて下さい。

 

和式トイレの方が、あまり力まなくてもスルッと出て来る気がしませんか?

 

洋式トイレでスムーズに用を足すには踏み台を使い脚を上げること

 

昔の日本人は、ほぼ100%の人が和式トイレを使っていたので、きっと便秘に悩むことは少なかっただろうと思います。

 

しかしシャワートイレも一般化した今、あえて和式トイレなど使おうなんて思わないでしょう。

衛生面で見ても、やっぱり洋式トイレの方が優れていますしね。

 

ならば本来なら幼児が使うような、トイレ踏み台を使ってみてはいかがでしょうか?

 

これに両足を乗せることで15㎝ほど脚が上がり、和式トイレのような姿勢を取ることができるんです。

 

        ⇒ 便秘解消トイレ踏み台

便秘解消トイレ踏み台は、簡単に脚を上げた姿勢が取れるので、踏ん張りやすくなっています。

 

これならあなたも結構楽に、排便ができるんじゃないでしょうか。

まぁ、わざわざ専用の踏み台じゃなくても、高さ15㎝ほどの台を100均ショップで探しても良いかも知れませんね。

 

家庭内にある何かで代用しても良いでしょう。

ただし高さが不足すると、和式トイレのような姿勢が取れず効果がないので、注意して下さいね。




 

おわりに

 

洋式トイレを使っても踏み台を用いることで、和式トイレのような姿勢を取って、便秘解消に効果的なことをお話しました。

便秘を解消するには他にも、便秘薬やサプリメントを飲用する方法もあります。

しかし、これらは人により体に合わない可能性もあり、心配な面も残ります。

 

トイレ踏み台なら、体に悪影響を及ぼすこともなくおすすめです。

 

もちろんこの方法だけで、便秘を解決することは難しいかも知れません。

普段から肉ばかりでなく、繊維質の多い食物を摂る努力もしましょう。

 

 

最後に、私が行っている踏み台を使わない便秘解消法を、素人法ですが1つお伝えしたいと思います。

 

それは洋式トイレで用を足す際は、背筋を伸ばすのではなく、上半身をなるべく前傾させて排便することです。

 

その時は両ひじをひざの上に置いて、上半身の体重を支えるようにして下さい。

こうすることで踏み台を使わずとも、和式トイレを使った時のような姿勢で用を足すことができますよ。

 

ただ長時間この姿勢を続けると腰が痛くなるので、ほどほどにした方が良いですが、私はいつもこの姿勢で用を足しているために、ほとんど便秘になったことがありません。

よろしければ、あなたもお試しを!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*