パワハラ定義の落とし穴!ある判例とその後は?

 

最近よくニュースや新聞などざまなメディアで、
「パワハラ」とか「パワーハラスメント」という言葉を、
耳にする機会が増えているように思いませんか?

 

パワーハラスメントとは、同じ職場で働く者に対して
業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与えること、
または職場環境を悪化させる行為のことを定義します。

パワハラは現在、特に社会問題ともなっており、
パワハラを受けた側が会社やパワハラをした相手に対して、
訴訟を起こすケースも少なくありません。

 

そこで今回は、パワハラをしないためには、
どのような対策を立てたり義務を課せばよいのか、

また実際に起こしたパワハラの判例なども、
ご紹介していきたいと思います。




パワハラ定義の落とし穴!ある判例とその後は?

いつ起きるかわからない!災害の対策マニュアルや防災グッズ、家庭でも準備していますか?

 

近頃では、台風・地震など毎年何かありすぎて、
災害というものはいつどこで起こるか分からない
身近な存在に感じるものになりました。

もう他人事ではない災害。

 

あなたは災害に備えて、避難方法など
家族と話し合ったりしていますか?

災害対策マニュアル家庭で準備していますか?

そして、必要最低限防災グッズは揃えていますか?

 

まだ何もしていないなら、
今日から準備を始めましょう!




いつ起きるかわからない!災害の対策マニュアルや防災グッズ、家庭でも準備していますか?

生活

いつか迎えるその日のために。葬祭費用はどのくらいかかる?平均金額は・・・?

 

長寿大国と言われる日本ですが、それでも年を取ってくると、
自分が死んだ時のことを考えてしまう人も多いのではないでしょうか。

すると気になってまず頭に浮かぶのは、葬祭費用ですよね。

 

お通夜にお葬式代等、いったいどのくらいの金額になるのか・・・、
そう考えるだけで頭が痛くなって来ることでしょう。

残される家族に迷惑をかけたくないと思えば、
自分である程度用意をしておきたいものです。

 

では、その費用はいったい、
いくらぐらい必要なのでしょうか?

葬祭費用は、平均ですと200万円ほどかかります。

ですが、この費用はあくまで “平均” です。

 

第11回「葬儀にかかるアンケート調査」では、
最低が12万円で最高が800万円と、
値段の差というものがとても激しいのです。

自分がどのくらいのお金を残しておけばよいのか目安にするためにも、
葬祭費用についてある程度知っておきましょう。

 

次の項では、葬祭費用の内訳のお話をします。




いつか迎えるその日のために。葬祭費用はどのくらいかかる?平均金額は・・・?