秋田美人が日本を代表する美人と言われる5つの特徴って何?

 

日本の三大美人と言えば、秋田美人・博多美人・京美人が挙げられますね。

女性なら、誰だってこれら美人になりたい気持ちがあるでしょう。

古くから美しいとされている三大美人について知ることで、あなたも憧れの美人に近づけるかも!?

 

今回はこの中でも、秋田美人について調査して行きたいと思います。

 

秋田美人の特徴は、5つ挙げられます。

 

①肌の色が白い

②DNA

③盛んな交流による混血説

④健康状態の良さ

⑤美意識の高さ

 

④⑤については、早めの睡眠や食事の内容など、自らの意識や行動を考える事ができる項目ですね。

そこで、今回はこの中で①②③に関わる事について、調査をしましょう。




 

秋田美人は目の色がポイントってホント?

 

 

秋田美人には日本では珍しい、緑色や青色の目の女性が多いと言われています。

実はこれ、秋田県に限ったことではなく、東北地方全域に多い傾向のようです。

なぜ、東北地方では緑や青の目の人が多いのでしょうか?

 

それは、目の色の違いと言うのは科学的に見て、目の中に存在するメラニン色素の量によるようです。

東北地方は、国内のほかの地方に比べて、紫外線の量が少ないのです。

北海道など北方の紫外線量は、沖縄の半分ほどなんです。

 

そのため東北地方には、緑色など薄い目の色の人が多いようです。

緑色の目の人は世界でも、2%しかいないと言われているため、日本人で緑色の瞳を持つ人は、それこそ数える程しかいないと思われます。

また、青色の目の色の人も、日本人には存在しないイメージですが、秋田県を中心に存在しています。

 

以前、とある医師が宮城県北部に住む400人程の人の目の色を調査したところ、15%程度の人が青色の目をしていたそうです。

 

これも緑色の目の色と同様、東北地方は、紫外線の量が少ない事が関係しているように思われます。

青色の目は、メラニン色素が1番少ない目の色です。

 

メラニン色素が少ないと吸収される光が少なくなり、光が反射されやすくなります。

そのため、青色に見えると言うことなんですね。

見る人や光の加減によっても変化するようですよ。

 

実は秋田美人には、ロシア人とこんな共通するものがある!

 

実は秋田県に美人が多い理由として、ロシアやヨーロッパなど、外国のDNAが混入していると言う説もあります。

全く根拠のないデマと思う人もいるでしょうが、そうだとは断言できないんですよ。

実際に、秋田美人のDNAがロシア人やヨーロッパ人と、非常に良く似ていると言うことが判明しています。

 

また、秋田美人の人の特徴の一つとして、「肌が白い」なんて事も挙げられますよね。

 

ロシア人・ヨーロッパ人も白人に該当するため、日に焼ける行動をしない限り、当然ながら肌が白いです。

実際に、白人には美しい人が多いと言われていますよね。

そして、白い秋田美人も美しい人ばかりです。

 

「肌が白い」と言う事が共通点として見ると、何かしらDNAが似ている結果も、魔訶不思議な事ではありませんよね!




 

まとめ

 

秋田美人は日本では珍しい緑色や、青色の目の女性が多いと言われている。

秋田は紫外線が少ないため、目のメラニン色素が少なく、緑色や青色の目の人が多いと思われる。

秋田美人のDNAが、ロシア人やヨーロッパ人と、非常に良く似ていると言うことが判明している。

秋田美人とロシア人やヨーロッパ人の共通点として、「肌が白い」事が挙げられる。

 

女性の憧れの一つである秋田美人。

その秋田美人の5つの特徴をお伝えしました。

 

目の色が世界的にも珍しく、評価される美人が我が国にいるのは、誇らしいことですよね!

 

 

 

コメントを残す