紅葉の穴場『東海地方なら定光寺だ!』2019年紅葉 駐車場情報

 

東海地方の紅葉の穴場情報を、あなたお伝えしましょう。

それは、名古屋市近郊の瀬戸市にある定光寺(じょうこうじ)です。

 

『2019年定光寺もみじまつり』の詳細は次の通り。

開催期間は、11月2日(土)から12月1日(日)です。

 

ここは尾張徳川家藩祖だった、徳川義直が眠る墓があるところで、有名で由緒あるお寺ですね。

名古屋都心部から近くて、手軽にマイカーで訪れることが可能。

境内には大きな駐車場が2ヶ所あり、全部で約180台停められます。

もみじまつり開催中も、駐車料金は無料ですよ。




 

名古屋から近いと言っても、少し山あいに位置することにあり、時期を外さなければ、見事な紅葉を楽しむことができます。

ピークはだいたい、11月中旬から12月上旬です。

 

まずはこちらの動画で、定光寺の魅力を感じて下さい。


協力:yatani yoshinobuさん

 

定光寺までのアクセスと駐車場情報は、次の通り

 

 

現住所は、愛知県瀬戸市定光寺町373

電話番号は、0561-48-5319

 

名古屋方面からは、県道名古屋多治見線を多治見方面へ走り、「城嶺橋東」交差点を右折し、坂を上って5分ほどで到着します。

県道名古屋多治見線と言うのは、かつて「愛岐道路」と呼ばれたルートです。

昔は有料道路でしたね。

で、城嶺橋の近くには土岐川沿いに、廃墟になった旅館(旧千歳楼)がありますから、これを横目に見つけたら、すぐに交差点を見つけられるでしょう。

 

カーナビを使って現地を訪れる時は、上記の電話番号を入力すれば、確実に到着することができます。

 

公共交通機関を使う場合はJR中央線を利用して、最寄りの定光寺駅で降りて下さい。

基本無人駅なので、予め発車駅から往復切符を使って乗車すると便利です。

もちろん、”マナカ” や “トイカ” は使用可。

駅を降りたらすぐ近くの「城嶺橋」を渡り、そのまま道なりに歩いて行けば、15分から20分ほどで到着します。

 

ただし、現地まではひたすら坂道で、しかも車の交通量が多いので、十分に気を付けて歩きましょう。

1人ならともかくグループで訪れるなら、やはり楽だし安全も考えて、車で訪れるのが後悔ないと思います。

 

定光寺は昔から紅葉で有名ですが、最近は訪れる人が減りつつあるのか、週末でも駐車場が混むことが少ないです。

 

私が紅葉の穴場とおすすめするのは、このためなんですね。

また、仮にお寺の駐車場が一杯になっても大丈夫。

近くに定光寺公園があるので、ここの無料駐車場を利用できます。

ここからお寺まで少し階段を登りますが、定光寺駅から歩くと思えば楽々です。

 

紅葉のシーズンは、有名どころは週末はすぐにどこも渋滞してしまいます。

その点定光寺は名古屋近郊にあって、車で手軽に行けるところが大きな魅力です。

 

定光寺の見どころと、ついでに寄りたいところ

 

定光寺は正式には、「応夢山定光寺(おうむさんじょうこうじ)」と言います。

鎌倉時代、禅僧の格源禅師が、お寺のあるこの地で修行をしていたら、夢の中で「この場所にお寺を建てなさい」、とのお告げを聞き建立したのだとか。

だからなんでしょうか。

夢に応(こた)える意味で、”応夢山” と言う名前が付いたのかも知れません。

 

さて、11月2日から始まる「もみじまつり」ですが、開催中には茶店が出店、五平餅やみたらし団子などが食べられます。

そして肝心の紅葉は、一面が真赤に染まると言う風ではなく、ところどころ赤くて濃いもみじが点在する感じになっています。

 

景色を写真に収めるのなら、遠くから広範囲を狙うのではなく、綺麗なところをスポットで収める方が、美しい作品に仕上がると思います。

 

全体を画面にドーンと入れると、紅葉しない木々も写ってしまうため、あまり紅葉が際立って見えません。

地面の落ち葉なんかも狙えば、情緒があって雰囲気が出ますよ。

なお、冒頭に述べた徳川義直の墓ですが、ここを拝観するには料金が必要です。

注意しましょう。




 

次に、紅葉を見て満足したら、今度はお寺のある山を下りて、ふもとの定光寺公園を散策してみるのはいかがでしょう。

 

とても広い芝生があるので、家族連れでしたらここで運動もでき、お弁当を広げることだってOKです。

駐車場を含め、全て利用は無料となっています。

 

もし、あなたが1人かカップルだったら、定光寺駅に向かって車を走らせ、途中にある「薬膳茶 Soybeen Flour」でコーヒーをいただくのも良いでしょう。

森の中の古民家カフェで、地元では人気のお店です。

コーヒーやケーキを食しながら、店の外にある滝を眺められますよ。

 

お店は道路沿いにあり分かりそうですが、何せ森の中の一軒家なので、注意しないと
通り過ぎてしまうこともあります。

ここは、私もおすすめのお店です。

 

以上、東海地方の紅葉の穴場、「定光寺」の情報でした。

紅葉を見に車で行きたいのだけど、駐車に苦労したくないあなた、ぜひこの地を訪れてみて下さいね。

 

[公式サイト]

Aichi Now(アイチナウ)

 

 

コメントを残す