大好きバナナ!栄養満点!その効果と効能はいかに?

 

あなたは、普段
バナナをどのくらい食べていますか?

好きな人は、毎日食べているそうですね。

 

以前にはブームになっていた、
バナナダイエットなんかもありました。

 

そんなバナナ、栄養はどうなっているのか、
気になってはいませんか?

もちろん、ダイエットに使えると
ブームになっていた時点で栄養満点なのは確か!

 

ですが、バナナって果物として甘いから、逆に
太りそうなイメージもありますよね。

ちなみに私は、
バナナブームでバナナの良さをテレビで説明するまで、
バナナはダイエットの敵だと思っていました。

 

これって、実はすごく損をしていたんです。

 

バナナは実は、低カロリーで栄養豊富でした。

バナナのことを良く知るにつれて、もっと早くから
しっかり食べておけばよかったと後悔しています。

あなたもそれを知ったなら、きっと
バナナを買いに行く気になっているはず!

 

それでは、これから
バナナの実際の栄養の効果・効能
説明していきましょう。




 

育ち盛りにもうってつけ!バナナの栄養は子供にどう影響?

 

バナナを食べたあとって、
結構な満足感があると思います。

 

そんなバナナですが、
1本のエネルギーはだいたい86kcalです。

 

ご飯で例えるとお茶碗半分程度です。

こうして考えると、
バナナは低カロリーですよね。

 

ですが、そんな低カロリーとは裏腹に、
栄養はとっても多いです。

 

ビタミンカリウムマグネシウム
さらにはミネラル等・・・

バナナには、これだけの栄養が
豊富に含まれているんですよ。

 

これらは、子供の成長には欠かせない栄養素です。

それがバナナ1つに豊富に含まれているのであれば、
今すぐにでも子供に食べさせたいと思いますよね?

 

それこそ、3時のおやつにカロリーが高いのに
栄養素は低いケーキなんかより、

栄養素が高いバナナを出してあげた方が、
ずっと子供の成長につながります。

 

お子さんの食事に、バナナの追加を
検討してみても良いのではないでしょうか?

 

あなたはきっと知らない、意外なバナナの栄養と糖質

 

バナナは子供の成長に必要な栄養素が豊富ですが、
大人にも嬉しい効果があります。

 

食物繊維が豊富なので、
便秘の解消につながるんです。

便秘が解消されれば代謝も上がるので、
嬉しい効果ですよね。

 

さらにはビタミンが
豊富に入っているおかげで、美肌にも良いんです。

これだけの栄養素だけでも十分嬉しいものですが、
バナナはそれだけではありません。

バナナの糖質に着目してもらいたいんです。

 

バナナにはブドウ糖・果糖・ショ糖など、
いろいろな糖質が含まれています。

ブドウ糖は脳のエネルギー源となるので、
疲れて甘いものが欲しい時に食べたいですね。

 

元々糖というのは血糖値を上げにくくし、
緩やかに体内に吸収される性質がありますが、
バナナにはこれが多く含まれています。

これらの糖質ですが、それぞれ
体内に吸収される速度に違いがありますよ。

 

その全ての糖質を吸収するのに時間がかかることで、
血糖値も上がりにくくなるのです。

バナナはダイエットに良い
と言うのが容易に分かりますよね?




まとめ

 

バナナの素晴らしいところを説明しましたが、
だからといってバナナばかり
食べれば良いわけではありません。

 

何事も、ほどほどが大事です。

 

普段の食事にバナナをプラスし、その分
白米の量を少し減らす等の対応をしてくださいね。

 

 

コメントを残す