納豆って賞味期限切れでも栄養に問題ないし、むしろおいしいって本当!?

 

栄養豊富な食べ物として、良く知られている納豆

 

好き嫌いが、大きく二つに分かれてしまう健康食品ですが、あなたはいかがですか?

私はと言うと、栄養があるなしに関わらず、味そのものが好きなので良く食べます。

 

ところで、納豆は発酵させているので、賞味期限が切れても栄養を損なわず健康にも問題ない、と言われています。

 

これって本当のことなんでしょうか?

子供のころから納豆に親しんで来た私が、あれこれ語ってみたいと思います。




 

納豆は賞味期限が切れてからの方が実はおいしい

 

私がいつも好んで購入する商品は、ミツカンの『たまご醤油たれ』です。

納豆は、卵と非常に良く合いますね。

 

混ぜる前の納豆に生卵をのせ、良くかき混ぜれば、最高のごちそうになります。

 

ただニワトリの卵を使うと大き過ぎて、納豆の味そのものが薄くなってしまいます。

なので、おすすめは「ウズラの卵」です。

 

ただ「ウズラの卵」は結構値段が高くて、意外に生で食べられる期限も短い。

なので、初めからタレに卵が入っている、「たまご醤油たれ」納豆を買うんですね。

 

これなら、“長期間保存しても平気” ですから。

え、長期間保存しても平気って、どう言うことだって?

 

スーパーなどの納豆コーナーを見ると、どの商品も賞味期限はだいたい、1週間~10日程度になっていると思います。

私はこれを無視するんです。

 

そもそも、あまり賞味期限内に食べることなんてしません。

なぜかと言うと、賞味期限内の納豆は柔らかく、歯ごたえがないからなんです。

 

賞味期限が過ぎたあたりからの納豆は、歯ごたえが出てこれがとても旨いんですね。

 

私は、ラーメンでもソバでもうどんでも、またパスタやご飯においても、硬いコシのあるものが好き。

なので、硬さが出て来る、賞味期限が切れたころの納豆が良いんです。

 

もちろん保存方法は常温ではなく、しっかり冷蔵庫にしまっておきますよ。

常温保存すると、段々とアンモニア臭を感じるようになり、さすがにこの臭いがきつくなれば私も食べられません。

納豆は、必ず冷蔵庫で冷やして保存しましょうね。

 

ところで冷蔵庫に冷やしておけば、むしろ賞味期限過ぎの方がおいしいと述べましたが、大切な栄養の方はどうなんでしょうか?

 

これに付いては私も専門家ではないので、色々調べて、次の項でその真相を披露しましょう。

 

納豆は発酵食品で栄養満点だが、腐らない訳じゃない

 

 

私は、納豆が安くておいしいので好んで食べますが、栄養素がたくさん含まれていることで、健康食として食べている方も多いでしょう。

何と言っても納豆には、5つの大きな栄養素が含まれていますからね。

 

5つの栄養素と言うのはあなたもご存知、ビタミンやたんぱく質のほか、炭水化物やミネラル・脂質のことです。

 

ある医師の話によると、わずか1パック30円ほどの納豆を健康度で言えば、10万円の価値があるんだそう。

そんな栄養豊富なこの食品を、積極的に摂らないなんて、もったいないもったいない。

 

しかしこれらの栄養素は、日にちが経って賞味期限が切れてしまったら、効果を失ってはしまわないでしょうか?

繰り返し申しますが、私はおいしいので、わざわざ冷蔵庫で寝かして食べてますが、そのために、せっかく含まれている栄養を失ってしまうとしたら、やはり気にはなります。

 

で、実際のところはどうかと言えば、買ってすぐに食べるよりも、むしろしばらく日にちを置いた方が、栄養素は熟成することが分かりました。

 

それだけ発酵が進むので、栄養素もパワーアップするのです。

例えば、血管の老化を防いで、動脈硬化を抑える力が強くなります。

 

栄養素が低下してしまうなんて、とんでもない話です。

いやこれ、ちょっと意外と言うか、ある種の驚きを感じますね。

 

しかも、さらに嬉しいことに、味が良くなることも分かりました。

 

コクが出て、旨味が増すんです。

つまり、賞味期限が過ぎてからの方がおいしいと感じるのは、私の単なる勝手な思い込みなのではなく、本当のことだったんです。

 

ちなみに以前、賞味期限をとうに過ぎ、買って1ヶ月経った納豆を食べたことがあります。

さすがに豆は黒くカピカピで、タレをかけてかき混ぜても、思うように糸を引きませんでした。

 

でも意外に嫌な臭いもなく、抵抗なしに口に運ぶことができましたよ。

ただ、コリコリと落花生のような食感で、味は苦酸っぱかったですね。

 

納豆菌のおかげで賞味期限を過ぎても、簡単には悪くはならない納豆ですが、やはり1ヶ月もすると腐敗菌は増えて来るようです。

おいしくなくなるし、栄養素の効力もなくなって来ます。

 

私はコリコリになった納豆を全部食べましたが、さすがにこれはおすすめできません。

いくら発酵食品だからと言っても、納豆もやはり腐るのです。

 

納豆の栄養を考えると、好き嫌いがあっても積極的に摂取すべき

 

納豆ってハッキリ言って、好き嫌いの激しい食べ物ですよね。

傾向として見ると、東日本では好きな人が多いのに、西日本では嫌いな人の方が多いようです。

 

納豆が嫌いな人の1番の理由は、やっぱり独特なその臭いでしょう。

 

ある人によれば、“納豆の臭い = トイレの臭い” と感じるとか。

 

それから嫌いな2番目の理由は、ネバネバが口のまわりに付くし、モゾモゾする食感と味がなじめないと言うものです。

 

しかし最近は、臭いをほとんど抑えた「におわなっとう」なんて商品もあるし、冒頭に記述したように生卵や、また海苔の佃煮をのせることによって、本当においしくなります。

とにかく1パック30円そこそこの納豆が、10万円の健康価値があると言うのですから、食べない手はありませんよね。

 

最近は、納豆菌そのものや食物繊維のおかげで、女性に嬉しい美肌や便秘にも効果的と謳われているので、食べないのは本当にもったいないと思います。

ですがそれでも、嫌いなものは絶対嫌い!と言われたらそれまででしょう。

 

なので、納豆は食べられないけど栄養は欲しい方は、“納豆サプリメント” など試してみてはいかがでしょうか。



 

臭わずカプセルで飲みやすいし、それでいて栄養分は、納豆そのままに凝縮されています。

スーパーで買う納豆と比べれば、そりゃ高い投資ですが、少量で10万円の健康効果が得られると思えば安いものでしょう。

 

でも本当なら、納豆は飲むんじゃなく食べてほしいなぁと言うのが、私の思いです。

 

出典:畑中みどり著「納豆でダイエット」

 

 

コメントを残す