私、車の運転はいつも緊張して下手です…これを上手く克服できますか?

 

『私は、車に乗ると緊張して運転が下手です!

方向音痴だし、たまに助手席に乗せる家族にはいつもハラハラする、と言われてしまいます。

これでも一生懸命に頑張ってるんですけども・・・。

でも、重大な事故に至ってない事だけは幸いだと思っています。

恐らく、乗っている車の特徴が、運転の下手な人間でも扱いやす車種、と言うのが大きいのでしょう。』

 

実はこれ、私の妻の友人である女性のお話です。

運転にどうしても緊張してなじめず、いつも余裕を持ってドライブできない人って結構多いですよね?

今回は彼女のように、「これからも車の運転を頑張らねば」と言う方のために、上手く運転を克服できる方法についてまとめてみました。




私、車の運転はいつも緊張して下手です…これを上手く克服できますか?

クレーマーの不当要求に上手く対応する方法とは?色んな角度からまとめると・・・

 

会社で仕事をしていると、誰でも一度は、クレーマーに遭遇したことがあるでしょう。

それが自分や会社の不手際によるクレームであれば、納得も行き、きちんとお詫びをしなければならないと思います。

 

しかし、最近は理不尽な要求や、店員に土下座を強要したり暴言を吐く、悪質なクレーマーが急増しています。

普段の業務でさえ大変なのに、悪質なクレーマーの不当な要求の対応に追われてしまうと、精神が参ってしまいますよね。

 

繊維・化学・流通・サービスなど、生活関連産業で働く労働者で形成される労働組合に、「UAゼンセン」があります。

ここでの、2017~18年に8万人ほどの組合員を対象にした「悪質クレーム対策アンケート調査」によると、7割以上の人が「客から因縁を付けられたことがある」と答えているんです。

 

迷惑行為を受けた人のうち、「精神疾患になったことがある」と答えた人が1%います。

・・・と言うことは、約800人もいる事になりますね。

 

「強いストレスを感じた」と答えた人は54%、「軽いストレスを感じた」も合わせると、「客から因縁を付けられたことがある」と答えた人のうち、約9割の人がクレーマーの迷惑行為によって精神的なダメージを被っているのです。

 

もはや社会問題ともいえるクレーマーに、上手く対応する方法はないのでしょうか?

いくつかの視点からまとめてみました。




クレーマーの不当要求に上手く対応する方法とは?色んな角度からまとめると・・・

あなたは大丈夫?睡眠不足が招く危険な症候群、ここからチェック!!

 

現代社会の日本には、日頃、仕事での残業やストレスで、睡眠不足の人が多くいらっしゃると思います。

なのにそんな状態でありながら、家に帰ってもついついスマホをいじったりして、夜更かししてしまいますよね?

 

夜更かししようと思っている訳ではないにしろ、なかなか寝付かれないと言う人もいるかも知れません。

ですが、睡眠不足は人間の身体や精神に、大きな負担を掛けてしまうことが分かっています。

 

睡眠不足によって、日中に眠気や疲れを感じるだけでなく、頭痛・吐き気・めまい・食欲不振、また肌質が悪くなるなどの症状があらわれます。

また、記憶力や思考力が低下してしまうので、十分なパフォーマンスが発揮できなくなりますね。

 

精神面でもストレスを感じやすくなったり、うつ病のリスクも高くなるんです。

日中の正常な覚醒状態を維持するための、睡眠時間がきちんと取れていない状態のことを睡眠不足症候群」と呼んでいます。

 

この記事を読んでいるあなたも、もしかすると、睡眠不足症候群かも知れませんよ。

今回この記事では、あなたが睡眠不足症候群ではないかチェックして、その上で改善方法に付いて触れてみようと思います。




あなたは大丈夫?睡眠不足が招く危険な症候群、ここからチェック!!