え、ノートパソコンのバッテリーは普段は外すべき?ACアダプターの差しっぱなしはダメ?

 

最近はネット検索を、スマホやタブレットで行う人が増えていますね。

仕事で使う以外、パソコンに触れることは少なくなったかも知れません。

 

少なくなったとは言えパソコンを使う人の多くは、場所を取るデスクトップ型ではなく、ノート型を使うことでしょう。

そのノートパソコンを主に使う方にお聞きしますが、内蔵のバッテリーって高価なのに、すぐに寿命が来てしまうと感じませんか?

 

通常、正しく使えば2年ほど持つバッテリーですが、使い方によっては1年で寿命が来てしまいます。

どうにかして、もっとノートパソコンのバッテリーを長持ちさせられないものでしょうか?

 

その究極の方法は、普段はバッテリーを外し、AC電源だけで使用することです。

 

今回は、ノートパソコンのバッテリーを少しでも寿命を伸ばす方法について、いくつもの方法を述べることにしましょう。




 

ノートパソコンのバッテリーは、本来寿命はどのくらい?

 

ノートパソコンのバッテリーの寿命は、前述のように通常だと約2年ほどです。

使い方によって、わずか1年でダメになったりしますが、逆に3年以上稼働させることも可能なんです

 

今あなたが使っているパソコンのバッテリーが、こんな症状が出て来たら要注意。

 

以前より、100%満タンになるまでの充電時間が短くなった

普通に使っていても、使える時間が短くなったような気がする

AC電源を抜いてしまえば、直ちに電力が切れてしまう

 

これらの変化を感じるようになったら、寿命が近くなった可能性があります。

 

こんな場合には、パソコンにインストールされている、バッテリーユーティリティを起動して、現状を確認することができますよ。

もしあなたのパソコンに、このソフトが搭載されてなかったら、ネットからフリーソフト「Yuryu’s Battery Information」をダウンロード、バッテリーの状態を確かめてみましょう。

 

 

無料でお金はかからないし、使い方も簡単です。

バッテリーの状態が分かったら、このソフトはもう必要ありません。

 

そのままにしていても不都合はありませんが、あってもメモリーを食うだけなので、削除してしまいましょう。

次に、まだ寿命が十分と分かったら、どうすればこのまま寿命を伸ばすことができるか、いくつかの方法をお伝えしたいと思います。

 

ノートパソコンのバッテリーの寿命を少しでも伸ばす方法

 

あなたが使っているパソコンのバッテリーは、リチウムイオンバッテリーでしょうか?

それとも、ニッケル水素バッテリーですか?

 

使っているバッテリーで、寿命を伸ばす方法も違うので、まず自分のパソコンを調べてみて下さい。

古いパソコンだと、ニッケル水素を使っている機種が多いですが、OSがWindows10のモデルなら、ほぼ全てリチウムイオンを使っていることでしょう。

 

まずはニッケル水素使用の機種なら、充電が完了した時点でAC電源のケーブルを外し、バッテリー駆動でパソコンを使うようにして下さい。

そして、できる限り容量が0近くになるまで、そのまま使い続けましょう。

 

本当なら完全に使い切るのが理想ですが、バッテリー切れを起こした時点で、データ保存が不可能になるので、少し電力を残しておきます。

なぜ、使い切った方が良いのかと言うと、ニッケル水素バッテリーは「メモリー効果」と呼ばれるものの影響を受けてしまうからです。

 

電力を残した時点で充電を繰り返すと、そこを0と判断してしまうので、次第にバッテリーの容量が少なくなって来ます。

ニッケル水素バッテリーは、充電は100%満充で大丈夫です。

 

今度は、リチウムイオンバッテリー使用の機種の場合ですが、これも電力があるうちはAC電源ケーブルを外し、バッテリーのみで稼働させて下さい。

これは、ニッケル水素バッテリーと一緒ですが、次にポイントは、ギリギリまでバッテリーを使い切ってしまわないこと。

 

だいたい20%から10%ほどの電力量になったら、充電を始めるようにしましょう。

そして、充電は80%で終えてしまうこと。

 

100%まで充電を行うと、寿命に悪影響を与えてしまうのです。

ここが大切です。

 

バッテリーユーティリティが搭載されたパソコンなら、80%充電の設定ができます。

私の経験では富士通の製品なら、間違いなくこのソフトが付いていますよ。

 

また、両方のバッテリーに共通して言えることは、パソコンを使わない時は電源ケーブルをつながないで、充電ができないよう放置しておくのがよろしいです。

そしてニッケル水素バッテリーは、できることなら、電力を全て使い切った状態で放置できれば理想ですね。




 

ノートパソコンは、普段からバッテリーを外して使うと経済的。

 

ちなみにあなたは、家ではノートパソコンをどんな状態で使っていますか?

恐らく基本は、バッテリーを本体に装着したまま、ACアダプターにつないで使っているのでは?

 

もし、究極にバッテリーの寿命を伸ばしたいと考えるなら、普段はバッテリーを外した状態にすることをおすすめします。

 

「え、バッテリーをつながなくても、パソコンって動くの?」

ハイ、ACアダプターで電源につなげば、ちゃんと稼働しますよ。

 

ただし、ここで注意です。

パソコン稼働中にケーブルを外してしまえば、直ちに画面が暗くなって、作業中のデータが全部消えてしまうので、十分気を付けて下さい。

 

バッテリーは野外など、電力を供給できない場所で使う時だけ装着するのです。

そうすることで、バッテリーの充電・放電の回数を、グッと減らすことができて長持ちします。

 

良く持って2年しか使えないバッテリーが、5年くらい使用することさえも可能になるんです。

大切に使えば、ノートパソコン本体は10年ほど使用できます。

 

なのでバッテリーでの駆動は、必要な時だけ使うことを心掛ければ、経済的なのは確か。

面倒くさいと思わずに、是非あなたも実行してはいかがでしょうか?

 

 

 

コメントを残す