家計簿のつけ方はこんなに簡単!はじめての人でもたった10分?

 

就職や結婚などで新しい生活を始めた方の中には、
家計のやりくりのため家計簿をつけようと考えている、
あなたもいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そこで今回は、
家計簿のつけ方を知らないはじめてのあなたのため、

簡単につけるコツや、さらに楽なクレジットカードを
使った方法を述べていきたいと思います。




 

家計簿のつけ方を簡単にする基本的な4つのコツ

 

①家計簿の項目はざっくりでOK!

家計簿をつける際には、まず、
お金の出入りに関する項目を決めましょう。

 

特に家計簿を初めてつける方には、まずは
電気・ガス・水道などの公共料金など、
月々だいたい決まった額がかかる『固定費』

そして、食費や日用品・雑費・医療費など月により
金額が変動する『変動費』というように、
ざっくりと項目を分けることをおすすめします。

 

②項目ごとの予算を立てる

固定費と変動費に分けたら、
それぞれの項目ごとにお金を振り分け、
その月の予算を立てていきましょう。

 

この時に注意したいのが、最優先に『貯金』
すべき金額を分けておくということです。

最後に残ったお金を貯金に回そうと考えていると、結局
「今月は貯金できなかった」ことになりがちだからです。

 

項目ごとの予算といっても、最初は
どこにどれだけのお金がかかるのか分からず、
戸惑う方も多いでしょう。

ですからあまり焦らず、徐々に慣れていけば
と考えておいた方が良いですよ。

 

③家計簿はある程度まとめてつける

家計簿は毎日つけるとなると面倒なので、
挫折しがちですよね。

ですから、だいたい数日分から1週間分、
まとめて家計簿をつけるという方法がおすすめです。

 

またレシートは取っておくのが一番理想的ですが、
もらえなかったりなくしてしまっても、
だいたいの金額を記載すれば問題ありませんよ。

家計簿は、「どこにどのくらいお金を使っているか」
という、おおよそのバランスを見ることが目的なので、
始めからあまり気負わずに続けていきましょう。

 

④1ヶ月ごとに家計簿を振り返る

1ヶ月分の家計簿をつけたら、ここで
内容を振り返って確認してみましょう

 

こうすると予算に対して赤字になった項目、また
意外と使わない項目がはっきり分かるようになります。

ここでの反省をもとに翌月の予算を立て、
節約できる項目を探していきましょう。

 

家計簿は「クレジットカード」で楽につけられる

 

家計簿をつけ始めたものの、
途中で挫折してしまったという方におすすめしたいのが、
クレジットカードを使って家計簿をつける方法です。

クレジットカーを使って家計簿をつければ、
毎月届く明細書が家計簿代わりになるんです。

 

そして、短時間で生活費の流れを知ることができ、
結果、簡単に家計簿を作成することができます。

先ほども述べたように、生活費は主に、
『固定費』と『変動費』に分けて考えることができます。

 

固定費には電気・ガス・水道などの公共料金や、
携帯電話代・プロバイダー料などがあり、
これらの支払いもクレジットカードで管理しましょう。

 

クレジットカードには、

「毎月決まった日に自動で引き落としされる」

「ポイントがたまる楽しみがある」

というメリットがあります。

 

あなたは毎月の公共料金を、口座引き落としに
しているのではありませんか?

ならば、それをただカード払いに変更するだけで、
手間を掛けず確実にポイントがたまるようになります。

 

このポイントは、今後公共料金の支払いにも利用でき、
家計を助けてくれるので、まさに一石二鳥ですよね。

また、クレジットカードの明細書から
ガスや電気などの料金を確認することで、
節電などに役立てることも可能です。

 

一方、変動費は月によって額が変動する出費ですが、
これもクレジットカード支払いに変更することにより、
コツコツとポイントをためることができます。

また、少額の買い物の場合はサインが不要な場合が多いため、
小銭を出したりお釣りを受け取ったりといった手間も省けます。

 

さらに家族カードを利用すれば、ポイントも明細書も
一つにまとめることができ便利ですよ。

おかげで、「本人もしくは家族が何にいくら使ったか」が、
一目瞭然で管理しやすく、無駄遣いを見つけやすくなります。




まとめ

 

家計簿は、クレジットカードを上手に利用すれば、
面倒な手間がかからず手軽につけることができます。

これならまとめて確認するだけなので、
わずか10分で片付いてしまいますよね?

 

はじめて家計簿をつけるというあなたも、
また、過去に挫折したことがあるというあなたも、
一度この方法を試してみてはいかがでしょうか。

ただし、せっかくためた貯金を使ってしまわないよう、
貯蓄専用の口座は別に作っておいた方が良いでしょう。

 

 

コメントを残す