忙しくてもプールで効果的に痩せるウォーキングを試してみよう!

 

夜間や早朝に外へ出ると、てくてく歩いている人の姿を見かけたりしますね。

男性の場合だったら出勤前にウォーキング、と言う方もいるでしょう。

 

ウォーキングはダイエットに効果のある方法として、良く挙げられます。

でも、ウォーキングして本当に痩せるのか?って、疑問に感じるあなたもいるのではありませんか?

それはもしかしたら、痩せる歩き方をしていないから、その実感が湧いて来ないのかも知れません。

 

では、忙しい男性でも効果的に痩せて行く歩き方をするには、どのようにすれば良いのでしょうか?

その鍵は、実は “プール” にあります。

 

今回は、『痩せるウォーキング:男性編』と題してお話をしようと思います。




 

まずは痩せるコツを知って歩き方をアレンジ!ポッコリお腹とサラバ!?

 

お父さん世代になると、どうしてもお腹周りがポッコリとなりがちです。

こんな情けないお腹とさよならしたい方は、大勢いる事でしょう。

事実、普通にウォーキングしても体重も体型も変わらないと、疑問を抱いているではありませんか!

 

それはお腹が引っ込むような、痩せる歩き方をしていないのが原因です。

 

基本的な歩き方は・・・、

 

1.背筋を伸ばす

2.アゴを引いて視線は数十メートル先を見る

3.肩と腕の力を入れずに、手のひらを軽く握る

4.かかとから着地してつま先で地面を蹴るように歩く

5.呼吸は一定のリズムで行う

 

これらの中で、1番の背筋を伸ばすは、頭のてっぺんを摘ままれている感覚で伸ばすようにしましょう。

 

普通に歩くのでは、膝下からしか足が出ていないので、股関節に意識を集中して足を出すようにすると、少しはポッコリともサヨナラできるようになるかも。

 

プールで効果アップ!?短時間でも痩せると評判のウォーキングとは・・・

 

 

でも普通のウォーキングでは痩せると言う実感が実感がなかなか湧いてこないのも事実ですよね。

姿勢を正しくして歩いても、地上では痩せにくいと感じてしまうのは、仕方がないのかも知れません。

 

もっとポッコリお腹をどうにかしたいなら、実はプールでのウォーキングが、痩せる効果をアップさせてくれますよ。

 

1.歩幅を大きくして歩く方法

肩が水中に沈むくらいの歩幅で歩き、腕を大きく前後に振って歩きます。

この時、注意しなければならないのが、身体を上下させずに歩くのがポイント。

股関節を伸ばすように歩く事で、大腰筋を鍛える事ができるのです。

 

2.膝を高く上げて歩く方法

こちらは歩く時に膝を高く上げてから、身体を前方に倒し、この時に手の甲を前に突き出します。

この歩き方をすると、股関節の強化につながって行きますよ。

 

3.膝を広げて歩く方法

これは、膝を高く上げて歩く方法の応用編になります。

前方にあげた足をおろしてから、後ろ側の足を外側から回すようにして、
前方に持って来ます。

この時は膝を90度に折り曲げながら、前に足を持って行きます。

 

ただし、股関節痛や腰痛持ちの方は控えた方が良いでしょう。

腰をひねりながらの歩き方になるので、ウエストのシェイプアップにもなります。

 

3点ほど水中での歩き方を紹介しましたが、最初に1番の基本形をマスターしてから、他の歩き方にチャレンジする方が良いでしょう。

水中に入れば体温よりも水温が低いことで、常に身体は燃焼モードになります。

 

またプールで歩く時は水の抵抗があるので、陸上を歩くより効果的でもあります。




 

まとめ

 

ポッコリお腹とサヨナラに効果的な、痩せる歩き方について紹介しました。

男性の方の場合、平日にプールに行くのは難しいのなら、何とか休日を利用してプールに通ってはいかがでしょうか。

 

お住まいの近くにスポーツ施設があるようでしたら、気軽に通えますしね。

どれだけ真剣に取り組めるかによって、お腹周りのポッコリ感をなくすことが可能になるのでは、と思います。

 

 

 

コメントを残す