あなたの将来は老後破産!?政治に仕組まれた日本少子高齢化の末路

 

金融庁が “年金だけでは老後の生活が厳しい”、と言う試算を発表したのはつい最近の事ですね。

 

以前から年金受給金額は将来減るだろう、とうわさ話はありました。

が、実際に国から言い渡されると、将来に希望どころか不安しか残りません。

「老後破産」なんて、怖い言葉も耳にするようになりましたからね。

 

どうしたら、老後破産と言う末路を迎えずに済むのでしょうか?

 

耳と目を塞(ふさ)ぎたい、と思いながら調べてみました。




 

老後破産を防ぐにはどうすれば?生活に必要な費用はいくらか把握せよ!

 

・2,000万円の根拠

まず、先ごろの金融庁の試算で、「2,000万円は老後の蓄えとして必要だ」と発表がありました。

この根拠となった計算は、夫が65歳以上で妻が60歳以上、どちらも無職の世帯を想定しています。

 

2人合わせた年金は約20万円になるとして、月に約25万円生活に必要と言う計算です。

マイナス5万円は確実と言う前提で、5万×12か月×今後30年生きる=2,000万円不足!となる計算式でした。

 

・老後破産を防ぐにはいくら必要なのか?

「金融庁が2,000万と言うからそうなんだろう」なんて思うのは、ちょっと乱暴だと私は思います。

人によって、それ以上掛かるかも知れないし、それ以下で収まる可能性だってありますよね?

 

そのためにも、まずは自分の生活にいくら掛かっているのか、もらえる年金の想定額を把握する事から始めてみましょう。

 

食費・水光熱費・など、基本的な生活に必要な支出がいくらかあなたはきちんと把握していますか?

もし、家が持ち家でないなら、そこに家賃も加算する必要があります。

60歳代ともなると、親の介護・お葬式など、自分以外に使うお金も必要になる年代ですよね。

 

居住地域の介護料金や葬式代などを一度計算してみて下さい。

また、自分自身が老人ホームに入る事も想定する必要がありますよ。

自分の支払っている年金がいくら貰えるかは、日本年金機構のホームページlにアクセスです。

簡単に試算ができるようになっていますよ。

 

金額を把握したら・・・、

(1) 月々の基本支出×12か月×30年を計算します。

(2) そこに想定される介護料金など、必要になりそうな経費を足します。

(3) 最後に自分が貰える年金から、(1)と(2)の支出金額を引いて下さい。

出てきた金額が、実際に自分が必要になるであろう金額となります。

 

プラスの金額であるなら良いのですが、マイナスになってしまう時は、老後破産につながる事になります。

 

つまり、老後破産を防ぐには最低でもその金額程度の貯蓄が必要になって来る、と言う事になりますね。

もちろん、年金をもらいながらも毎月働くつもり、と言う方もいるでしょう。

年金の金額に現実的に稼げる金額を加味して、考えてみて下さい。

 

100年人生を生き延びろ!老後破産その後の生活のヒントとは?

 

・もし老後破産したらどうなる?

①老人ホームに入れなくなる

家族が必ず自分の介護をしてくれる、とは言い切れない現代です。

自分のお金で老人ホームに入らなくてはならない、なんて事も十分あり得ますよ。

そんな時、お金が無くて老人ホームのお世話になれない事にもなってしまいます。

 

②健康を保ちにくくなる

そもそもお金がないので、病院に行ったり、ちゃんとした食事を摂る事も難しくなります。

そうなると、健康を保つ事自体すら難しくなってしまうでしょう。

 

・老後破産しないように今からできる事

①危機感を持つ

「将来、お金がないかも」と言う事を考えるのは嫌ですよね。

でも、嫌だからと言って、考えないままでいるのは危険です。

 

「人付き合いでお金を使ってしまう」、「ちょっと無理してでもブランド品を身に着けたい」、と考える金銭感覚の人は特に注意が必要です。

 

他にも、大病を患ってしまった事で、収入がなくなってしまう事も十分考えられます。

老後の人生にもお金はかかります。

老後破産をしたくないと考えるなら、その未来に向き合いましょう。

今の生活や保険などについて、しっかり考える必要があります。

 

②ローン返済の年数や金額をしっかり把握する

家のローンなど、いくら掛かっていて何年まで返済するのか、しっかり把握していますか?

「今は毎月払えているから大丈夫」

「退職金ももらえるから大丈夫」

と言うのはちょっと危ないかも知れません。

 

病気になっていきなり収入が減ったり、転職をして退職金が減る、なんて事も十分考えられるからです。

そんな時、金額を把握できていれば余裕を持つ事もできます。

これから長期のローンを組むと言う時には、一度立ち止まって以下の点を考えてみて下さい。

 

★本当に必要なローンか?

★高すぎやしないか?

★もし毎月支払いにくくなった時の対策はあるのか?

 

高くて長いローンはその後の生活も苦しめるので、慎重に組むようにしましょう。

 

・国の年金だけに頼らない

「年金がもらえるから大丈夫」、と言い切れない将来が待っています。

となると、国から貰える年金以外の収入源を持つ事も大事になってきますね。

 

国債を買う・個人年金に入る・投資信託をする、などが挙げられます。

毎月ちょっとした金額から作れる将来の不労収入を増やす、と言う事も老後破産を防ぐ一つの手段で考えたいですね。




 

まとめ

 

考えたくないけれど、考えなくてはならない老後破産について、
まとめてみました。

 

「iDeCo」や「つみたてNISA」など、将来の不労収入を増やす方法は多々あります。

 

自分自身だけではなく、家族と将来の話をしてみて下さいね。

家族と価値観や金銭感覚の足並みを揃える、良いきっかけにもなりますよ。

 

 

 

コメントを残す