これを知らずにパワースポットへ出掛けるな!各地の属性と根拠を知っておこう

 

職場と家との行き来だけの毎日を過ごしていると、
なんだか味気ないと思うことはありませんか。

 

仕事や生活の活力として、
パワースポットにでも行こうかしら?
なんて気持ちにもなると言うもの。

ならばどうせなら、しっかりパワーを
もらえる場所が良いですよね。

 

そんな時に知っておきたいのが、
あなたパワースポットとの間には、
属性があると言う事です。

 

今回は、その根拠
あなたの属性の計算の仕方についても、
しっかりまとめてみましたよ。




 

パワースポットの属性とその日の空でわかる2つの事

 

・パワースポットの属性って?

自分自身やパワースポットには属性があると言う、
【繭気属性(けんきぞくせい)】の考え方があります。

この属性が出来た根拠は、古代インドの考え方や
仏教にある「五大」にあるとされています。

 

五大とは、この世界は
5つの要素(地・水・火・風・空)
からできている、と言う考え方です。

 

この五大についての考え方や
誕生日を主に占う数秘術などが混ざったのが、
パワースポットに関わる繭気属性のようですね。

 

ちなみに、陰陽道や古代中国には
「五行思想」があります。

この五行思想では、この世界は
5つの元素(風・火・土・金属・水)
でできている、と考えられているのです。

 

繭気属性には相性が悪い・良いと言う
考え方があるのですが、相性についての考え方は
五行思想が元になっているとのことです。

 

・パワースポットに行った時の空や風で分かる2つの事

①歓迎されているか

「天気が良かったのに神社に入ったら雨が降って来た」、
となったら歓迎されていないと考えてしまいますよね。

 

しかし、それは逆で、歓迎されているからこその、
恵みの雨だと言われているのです。

歓迎されていない場合であるのは、急に風がやんだり、
場の空気が重たく感じられる時なのだとか。

 

②自分の属性に合っているか

「今まで元気だったのに、パワースポットの敷地に入ったら
悪寒がしたり嫌な感じがした・・・」、
そんな時は自分の属性と合っていない可能性があります。

 

精神的に敏感なところがあると言う人は、
パワースポットとの相性を確かめてから行くと安心ですね。

 

各地のパワースポットとあなたの属性診断

 

属性診断の方法からご紹介しますね。

 

・自分の属性の計算方法

属性の計算には、自分の生年月日(西暦)と
血液型が必要になります。

計算方法は以下の通りです。

 

ア. 生年月日を一桁になるまで足す

イ. 血液型の数を足す

A型(1)、B型(2)、AB型(3)、O型(4)

ウ.  属性の数値と照らし合わせる

地 1・6 水 2・8 火 3・7 風 4・9 空 5

 

例)1991年3月20日生まれのB型なら、

ア. 1+9+9+1+3+2+0=25(つまり2+5で)=7

イ. 7+2(B型)=9

ウ.  9だから「風の属性」と言う事になります。

 

・相性が悪い属性は?

自分の属性と相性の悪い属性を知るには、
まず星(☆)を描きます。

星(☆)の一番上にあたる点を地とし、
時計回りに水・火・風・空と書いて行きます。

 

繭気属性の考え方では、隣合っている
属性は相性が悪いとされています。

 

向かい合う属性は、
相性が良いことになりますよ。

 

なので、相性の悪いパワースポットに行くより、
自分と同じ属性や相性の良い属性のところを
選ぶようにしましょう。

 

・属性の良い、各地のパワースポットを知るには?

先の「風の属性」で、属性に対するパワースポットは、
青森県の恐山や東京の高尾山、
花園神社などが該当するそうです。

 

ならば、簡単に自分の属性や
パワースポットを知りたいですよね。

そんな時には、神社属性サーチと言うサイトで
生年月日と血液型を入力すると、
簡単に属性結果を見る事ができます。

 

パワースポットもずらっと一覧で見られるので、
とっても分かりやすいですよ。

ちなみに、どんな属性であっても大丈夫、
とされているパワースポットもあります。

 

それは、宮崎県の高千穂、
和歌山県の那智大滝などです。

 

イマイチ属性とか分からないけれど、
今すぐにでもパワースポットに行きたい!
と言うあなたにはおすすめですね。




 

まとめ

 

今回はパワースポットの属性や、
自分の属性を知る方法について
ご紹介しました。

 

パワースポットを参拝する時は、必要な
マナーや作法も予習してから行きたいですね。

また、パワースポットは力を貰ったり、
気分転換をする為に行く場所です。

 

なので、陰陽の考え方を元にするのなら、
明るい・晴れた空は陽の気に属し、

暗い・雨や曇りの日などは
陰の気に属するという事になります。

 

そのため、「元気が欲しい!陽気を養いたい!」
と言う時は、晴れた日に行くと良いです。

 

また、「イライラする!」「自分で抑えきれない
感情を持て余しているから落ち着きたい」時は、
雨や曇りの日に行くと言う考え方が良いでしょうね。

 

 

コメントを残す