あなたは、アイスを食べて太るのは夜だけだと思っていませんか?

 

夏に欠かせない、風物詩といっても過言ではないものとは?

それは、キンキンに冷えておいしいアイス

暑い日には、どうしてもコンビニに寄って、買っちゃいますよね。

 

日本アイスクリーム協会の調査によると、日本人がだ~い好きな嗜好品の第1位は、
1997年以来ずっとアイスクリームなんですって!

年齢性別を問わず、みんなが大好きなデザートだそうですよ。

 

だからでしょうか?

お風呂上りや、夜中にもアイスが食べたくなることってありますよね。

気分をスッキリさせてくれたり、幸せな気持ちにしてくれるアイスでありますが、
やっぱり太るのが気になるところです。

おやつの時間に食べるならともかく、夜中に食べるのはカロリーオーバーになりそうで、ガマンする人も多いことでしょう。

 

でも、実のところを申しますとアイスの場合、気にすべきは夜だけではないのです。

 

普段から食べ方に気を付けないと、ホント太ってしまいますよ。

今回は、そんなアイスを食べるのに気を付ける点を述べて参りましょう。




 

30歳から変わるって!?アイスで太る理由と太らない・太らせない方法!

 

「痩せやすく太りにくい体」であるためには、基礎代謝が高いことが重要です。

しかし、この基礎代謝量と言うものは男性は18歳・女性は15歳ぐらいをピークに、
年齢と共に低下して行くんです。

 

同時に筋肉量も減って行くので、例え毎日規則正しい生活習慣をしていても
30歳を越えると太りやすくなるのです。

 

18歳の頃と比べると、30歳頃には平均4kg前後、男女とも体重が増えてしまうと言われています。

また、30代は何かと生活が変わる時期でもあります。

仕事もプライベートも多忙を極めることが多くなり、体を動かす時間が少なくなるので、慢性的な運動不足に陥りやすくなってしまいます。

また、太りやすさの面から見るとアイスであろうとスィーツであろうと同じで、カロリーが高く脂肪の多いものほどやっぱり太りやすいんですよ。

 

「アイスだから太る」と言うことじゃなく、どんな食品であっても条件は同じなんです。

それでも食べ方のコツを知っておけば、太りにくくすることは可能です。

それでは、どんなアイスを選び、どう食べると太らないのでしょうか。

まずアイスを買う前に、「カロリー」チェックを行いましょう。

 

商品によってもカロリーの差があるので、おおよそ把握しておきたいところ。

カロリーが低いのは、シンプルなカキ氷やシャーベットです。

味による差はあまりないので、好きなものを選びましょう。

また、空気の量が多いソフトクリームも、実はカロリー控えめなんです。

 

控えるべきは、サイズの大きいアイスやチョコにあんこ、ナッツ・ワッフルコーンを使ったアイスです。

大きさとカロリーは大抵比例しますし、チョコやあんこが入ると特に高カロリーなため、食べるのはガマンしましょう。

 

また、一番太りにくいのは午後3時~6時なので、この時間帯にアイスを食べると良いでしょう。

 

この時間は1日の中で最も体温が高く、太りにくい時間帯となっています。

飲んだ後や夜中のアイスの誘惑には勝ったものの、強いてどうしてもアイスを食べたければ、このお昼過ぎの時間に食べるようにしましょう。

 

ところで、アイスとご飯とではどっちが太るの?

糖質の摂り過ぎは、肥満を引き起こす原因になります。

ではなぜ糖質を摂り過ぎると、太ってしまうのでしょうか?

 

アイスなど甘く糖質が高い食べ物を食べると、血糖値が急に上がります。

血糖値が急に上がると、インスリンが大量に分泌されます。

インスリンは血糖値が上がり過ぎないよう、摂取した糖分を筋肉や脳の働きに必要な、エネルギーに変えるホルモンです。

 

しかしインスリンと言うものは、エネルギーとして使いきれず余った糖分を、
体内にため込んでしまいます。

これが脂肪となるのです。

そして、インスリンが大量に分泌されると言うことは、より糖分をため込み、
脂肪が作られることになります。

 

よって太らないようにするには、血糖値の急激な上昇を抑える事がカギです。

 

ご飯にも糖質が多く含まれていますね。

しかし、糖質にも種類があり、甘いお菓子・アイスやジュースなどに比べ、ご飯による血糖値の上昇はゆるやかです。

ごはんの主成分である炭水化物は、優先的にエネルギー源として使われます。

 

また、ごはんはゆっくりと消化・吸収されます。

従って、食後の血糖値の上昇も緩やかで、インスリンの分泌も少なく、結果的に脂肪になりにくいのです。

ごはんは腹持ちも良い食品なので、食べ過ぎや間食を防ぎ、肥満予防にも!

 

この観点で見ると、ご飯よりアイスの方が太ると言えるでしょう。




 

まとめ

 

「痩せやすく太りにくい体」であるためには基礎代謝が高いことが重要だが、基礎代謝量は男性は18歳、女性は15歳をピークに年齢と共に低下する。

アイスであろうとスイーツであろうと同じで、カロリーが高く脂肪の多い物ほど太りやすい

1日の中で一番太りにくいのは午後3時~6時なので、この時間帯にアイスを食べると良い。

アイスなどの甘いものと比べ、ごはんはゆっくりと消化・吸収されるため、食後の血糖値の上昇も緩やかで、インスリンの分泌も少なく脂肪になりにくい

 

暑いと、ついついアイスに手が伸びてしまいます・・・。

太らないように上手にアイスを食べて、暑い夏を乗り切りましょうね。(^O^)/

 

 

 

コメントを残す