確定申告するならこれらがあれば大丈夫!必要な書類一覧教えます

 

会社員をしている方は、確定申告と言っても控除申請書くらいしか、会社に提出する書類はありませんよね。

 

しかし、サラリーマンを辞め自営業者となって初めて確定申告をする場合には、一体どうして良いのか分からないでしょう。

確定申告には色々な必要書類がありますから、最初に書類の一覧を知っておくべきです。

 

ただ自営業の場合、確定申告が白色申告書なのか、青色申告書なのか分からないかも知れませんね。

確定申告は毎年2月の中頃~3月の中頃の、約1ヶ月の間に申告しなければならないので、日ごろから必要な書類を、小まめに管理しておくのが良いと思います。

 

そんな訳で、今回は、確定申告をする際には書類を始め何が必要なのか、お話しすることにしましょう。




 

確定申告するには何が重要?法人との違いをチェック

 

確定申告は、基本的にその年の1月1日~12月31日までの間に事業取得があれば、必ず行わなければなりません。

 

今回のように、サラリーマンから自営業になった場合にも、確定申告をする必要があります。

自営業の場合には、事業取得が控除額38万円を引いた数より多い金額であれば、確定申告をしなければならないのです。

必要な書類は、まずは自営業者用の『確定申告書B』、保険などの支払い控除が受けられる『支払い証明書』、給与所得があった場合の『源泉徴収票』です。

 

それから重要なのが、売り上げや仕入れ・交通費・通信費など収支を記載する『収支内訳書』、これらを提出しないといけません。

提出先は基本税務署ですが、自治体が特設で開催する場所でも行うことができます。

なお、記載する書類は税務署でもらうか、国税庁のサイトからダウンロードしましょう。

自営ではなく法人の場合も、同じように確定申告を行いますが、大きな違いは法人は「青色確定申告」が多いこと。

 

では、自営業者と法人の違いって、どこにあるのでしょうか?

自営業者は、役所に開業届けを出すだけで認定されます。

また個人事業主は、「白色確定申告」をしなければなりません。

 

法人は、定款等を作らなければならず、そして会社を設立する必要があります。

また確定申告をする時、「青色確定申告」をしたいなら、青色申告でも問題ないと税務署に判断してもらうことで、自営業者でもできるようになります。

白色確定申告と青色確定申告の大きな違いは、節税対策の面で違いが出ることです。

 

白色確定申告は、特別控除額38万円しか控除されませんが、青色確定申告の場合は最大で65万円の控除が受けられる事になります。

 

また、白色確定申告は特別控除額以上の収入があった場合には、全てに所得税がかかります。

しかし、法人の青色確定申告は特別控除以上を超えた場合には、一部を経営者の報酬とすることができ、そこに所得税が発生します。

前述のように個人事業主の場合でも、法人と同じ青色申告を選択する事は可能です。

ですが、売上額が1000万円近くあれば青色申告で、500万円前後なら白色確定申告をした方が良いでしょう。

 

確定申告の時期には医療費控除も忘れずに

 

 

個人事業主の白色確定申告の場合、特別控除は38万円しか受けられないのですが、
別の項目で控除を受ける事ができます。

それは医療費控除です。

結構見落としがちにされる医療費控除なのですが、白色申告している方だったら、
少しでも節税を考える上で忘れてはいけません。

 

医療費控除は、医療費が年間で10万円を超えた場合、10万円を超えた額の金額に対して、控除を受ける事ができるのです。

 

また総所得額が200万円未満の場合には、5%分を超える医療費を支出した場合に、控除を受ける事ができます。

医療費控除をし忘れた場合には、過去5年間だけ修正申告をすることが可能。

間違いやすいのは、5年間の期間であれば合算してその年に申告する事ができる、と思っている方が多い事です。

 

確定申告は、1月1日~12月31日までの1年間の税金を確定させる事ですから、医療費が10万円を超えていなければ、医療費控除をすることができません。

10万円以上の医療費用が発生しているのに、医療費控除を忘れた場合は、医療費が10万円以上を超えた年の、確定申告の控除申請ができると言う事なのです。

 

医療費控除は節税対策までとは行きませんが、10万円以上の医療費を支払った場合には申告する事で、若干ながらの控除を受ける事ができるのです。




 

まとめ

 

以上、確定申告について、あれこれお話しして来ました。

 

申告時に必要な書類は、

・自営業者用の『確定申告書B』
・支払い控除を受ける『支払い証明書』
・給与所得があった場合の『源泉徴収票』
・売り上げや経費の収支を記載する『収支内訳書』

です。

 

個人事業主やフリーランスの方の場合には、どうしても収入が安定しない場合が多いですから、白色確定申告と言う事が多くなってしまいます。

 

ただ、1000万円前後の収入が、毎年見込めるのであれば、税務署に青色確定申告の
申請を出すのが良いでしょう。

 

確実に節税対策になります。

 

また、医療費控除も意外と忘れがちですが、盗難や窃盗にあった場合には、雑損控除と言う控除もあるのです。

他にどんな控除が受けられるのかは、税務署に聞くのが一番ですね。

税務署では「節税するにはどうすれば?」と言う場合に、相談に乗ってくれますよ。

積極的に、節税対策に努めましょう。

 

出典:スモビバ!

 

 

 

コメントを残す