「楽になってよかったぁ!」面倒な家事を上手にやめる方法

 

いくら主婦の仕事とは言え、毎日
掃除や洗濯・料理などの家事をこなして行くのは、
本当に大変ですよねぇ。

主婦業なんてものは、「立派な肉体労働」
と言って間違いではないでしょう。

 

そんなことで今回は、面倒な家事は一部を除いて
いっそうのことやめるのを念頭に、

楽ちんな掃除法や、洗濯物の効率的な干し方について
述べてみようと思います。




 

毎日なんてやってられない!あなたに合った掃除法をココで発見!

 

面倒な家事のひとつである掃除をうまくこなすコツ、
それは「ついで掃除」ですよ。

例えばキッチンで洗い物をする際に、
また入浴したついでにささっと掃除してしまえば、
後から改めて行う必要はありません。

 

ここでは、家の中でも特に汚れが気になるキッチンやお風呂、
トイレなどの「ついで掃除」の方法について見てみましょう。

 

①キッチンの「ついで掃除」

 

1)排水口のぬめりを取り除く

排水溝をのぬめりを取り除く際は、
洗い物が終わった後にタワシやスポンジでサッとこすり、
細かい汚れは歯ブラシで落とすようにしましょう。

定期的に漂白剤を流すと、
悪臭やぬめりの防止に効果的ですよ。

 

2)五徳の油汚れ

ガスレンジの五徳の油汚れは、汚れが固まってしまうと
落ちにくくなってしまいます。

ですから調理を終えて熱いうちに水拭きすれば、
洗剤をつけなくても綺麗に汚れが落ちてしまうんです。

 

また、使わないときは外しておくと、
余計な汚れが付かなくて良いですよ。

ただし、掃除する際には火傷しないよう、
充分に注意して下さいね。

 

3)壁や収納扉のベタ付き

油や食べ物の汚れが目立つ場所は、
油汚れや食べかす・手あかを拭き取って
清潔な状態にしましょう。

また、電子レンジや
炊飯器も調理の後に水拭きしておくと、
汚れが付きにくくなりますよ。

 

②トイレの「ついで掃除」

 

1) 床や壁の汚れを拭く

目に見えない床や壁の汚れは、
臭いのもとになります。

 

便座の周りの床は、
トイレを使用した際に、都度

アルコールをスプレーしておくと、
臭いを防ぐことができますよ。

 

2)トイレの臭い換気

トイレの臭いは、こまめな換気と
消臭剤で悪臭を防ぎましょう。

 

また、換気扇のホコリはしっかり
取り除いておかないと換気能力が落ちるので、

トイレ用のウェットティッシュをおいておくと、
いつでも掃除することができますよ。

 

3)便器の汚れを落とす

トイレ用洗剤をつけたブラシでこすり、
汚れを落としましょう。

便座はタオルやウエットシートで水拭きし、
見落としがちな裏側も忘れずに行って下さい。

 

こちらも、トイレ内にコンパクトな
トイレブラシを常備しておけば、

気が付いた時にいつでも
サッと掃除できあとが楽ですよ。

 

③バスルームの「ついで掃除」

 

1)排水口のぬめりを掃除

お風呂から上がる際に、排水溝の髪の毛を取り除き、
スポンジでぬめりをこすり落としておきましょう。

また入浴時以外は、
排水口の蓋を外して立てかけておくと、
ぬめりにくくなりますよ。

 

2)浴槽の湯アカを落とす

お風呂を出る前に、湯アカがつく高さの部分だけ
ぐるりとスポンジで拭きましょう。

洗剤で洗わなくても
意外ときれいになりますよ。

 

3)床や壁の皮脂を洗い流す

入浴の最後に、熱いシャワーで床や壁の皮脂や、
石けんカスを洗い流しましょう。

さらに、スクイージーで
壁や鏡の水滴を拭っておけば、
カビの防止に効果的ですよ。

 

洗濯物も干し方次第でこんなに楽に!

 

 

洗濯も毎日大変ですが、
干し方ひとつで乾きやすくなり、
取り込むのも楽になります。

そこでここでは、洗濯物を乾きやすくする
ポイントに付いて見て行きましょう。

 

①段違いに干す

 

洗濯物を早く乾かすポイントは、
風の通りを良くすることにあります。

洗濯物全体に、風が当たるように
ずらして並べると良いでしょう。

 

例えば、厚手の生地を使った服ばかりを並べると、
どうしても風通りは悪くなりがちですよね?

 

そんな時には厚手の服の横には薄いタオル、
薄手の服の隣にはバスタオルと言う具合に、

生地の厚さや干した時の高さを段違いにすれば、
空気の流れが良くなり乾きが早くなりますよ。

 

またタオルは同じ理由で、
ちょうど半分に二つ折りにかけて干すのではなく、

片側を短く、もう片側を長くと、
長さを変えて干すのがおすすめです。

 

②すき間をあけて並べる

 

スペースに余裕がある場合は、洗濯物を干す際に
すき間をあけるのも良いでしょう。

できれば、洗濯物と洗濯物の間を
10~15cmほどあけておくのが理想的です。

 

ピンチハンガーを使用する場合も同様に、
余裕を持たせて干すようにすると、
乾く早さがまた違って来ますよ。

 

③アーチ型に干す

 

アーチ干しとは、ピンチハンガーの両端にもっとも長い物を吊るし、
中央に向かって洗濯物の長さが短くなるように、
つまりアーチ型に見えるように吊るす干し方のことを言います。

 

日照の度合いや気温・湿度など、干す環境により変化しますが、
普通の干し方と比べるとおよそ
30分ほど早く乾燥させることが可能ですよ。




 

まとめ

 

今回は、面倒な家事をやめるための掃除法「ついで掃除」や、
洗濯物の効率的な干し方に付いて述べて来ました。

 

家事が面倒だからどうにかしたい、
と思った時に参考にしていただけたら幸いです。

 

 

コメントを残す