自動車保険に初めて入る時のコツは!?おすすめ情報を初心者にご紹介!

 

普段から自動車を運転されている方は、
どんなに安全運転していても
事故に合う可能性を完全には否定できません。

しかし、現在は非常に数多くの自動車保険があり、
正直いってどの保険に加入すれば良いのかわからない、
という方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、自動車保険に初めて加入する方のために、
役立つおすすめ情報をご紹介していきたいと思います。




 

自動車保険が安い年齢はいくつ?

 

実は自動車保険は、年齢により金額が
大きく異なるのをご存じでしょうか。

結論から言えば、どの自動車保険に加入しても
運転手の年齢が35歳以上になれば、一番安くなります。

 

しかし、損保会社により細かい条件などは異なっているので、
しっかり条件などを確認してから加入するようにしましょう。

ちなみに、なぜ35歳以上になると保険料が安くなるかというと、
それ以下の年齢、つまり若い年代の方が
交通事故を起こしやすいという事実があるからです。

 

あるデータによると、死亡事故を起こした運転者の年齢は、
15~19歳の間が1番多く、20~24歳も5番目に多くなっています。

自動車の運転には、反射神経や運動神経といった能力が求められ、
これらの能力は年齢が若い方ほど優れています。

 

しかしその反面、
無理なスピードで運転したり無謀運転を行ったり、

1人の大人としての自覚が足りない行動をする可能性も
高くなってしまいます。

 

さらに、運転技術は
年齢や経験を重ねるごとに上達していくものですので、
35歳以上という年齢には納得できるものがありますよね。

 

自動車保険が安いのはどんな車種?

 

自動車保険に加入する際に年齢とともに気になるのが、
保険料が安い車種についてです。

これはどんな自動車を購入するかにも
関わってくることなので、非常に重要ですよね。

 

結論を先に言えば、
一般的な軽自動車と普通自動車の保険料を比較すると、
軽自動車の方が普通自動車より安くなる傾向があります。

 

その理由としては、軽自動車は、
あまり遠くまで距離を走らず走行スピードも控えめので、

普通自動車に比べて、死亡事故など重大な事故が起こる
可能性が低いとされていることが挙げられます。

 

また軽自動車の定員は4名ですので、
万が一事故が起きても損害を受ける人数が少なく、

その分補償額が低くなるということも
理由のひとつとなっています

 

これらの理由から、軽自動車の方が
保険料が低く設定されているようです。




自動車保険は慎重に選びましょう

 

実は私も自動車保険のお世話になったことがあり、
相手側への補償や自分の車の修理代など本当に助けられました。

そんな自分の経験から、万が一の時のために、
自動車を運転する方にはぜひ
任意保険に加入することをおすすめします。

 

強制保険だけでは補償金額が不足ですから。

 

とはいえ、自動車保険の種類は多いので、
年齢や車種を考慮し自分に合った保険を
慎重に選ぶようにしてくださいね。

 

 

コメントを残す