『捨て犬・捨て猫殺処分』安楽死だなんて全くのウソ!彼らはガス室で死んでいく

 

ご注意:この記事には、衝撃的な動画がリンクされています。

心臓の弱い方は、決して映像をご覧にならないで下さい!!

 

数年前からのペットブームで、犬や猫が主役のテレビ番組が人気になっていますね。

その一方で、人間の身勝手で捨てられて、野良犬・野良猫になってゆく彼らが、後を絶たない事実をあなたは知っていますか?

 

行き場を失った犬や猫達は街を徘徊し、どこかで多大な迷惑を掛けています。

そして捕らえられ保健所に送られた彼らは、一週間ほど保護されますが、その後引き取り手が現れない場合は、殺処分されるのは周知のことかも知れません。

 

でも実際に、どんな殺され方をするのか知っている方は、あまりいないのではないでしょうか?

恐らく睡眠薬を打たれ、安楽死させられていると思っていることでしょう。

 

その話はごく一部のことで、本当はほとんどがガス室に送られ、苦しみながら死んでゆくのです。

 

今回は捨て犬・捨て猫の、無残な殺処分のされ方に触れてみましょう。




 

捨て犬・捨て猫の末路は、苦しく無慈悲な最期!

 

 

数十年前と比べ、捨て犬捨て猫・野良犬野良猫の数は、人間の意識の変化で少しずつ減っては来ています。

動物の可愛らしさ・愛おしさを、テレビや雑誌等で、盛んにアピールしている影響があるのでしょう。

 

しかし現在でも野良達は、決して “ゼロ” ではないのです。

 

平成30年の環境省のまとめでは、1年間に捕らえられた捨て犬は、全国で約3万8000頭。

うち殺処分されたのは約8千300頭。

捨て猫の場合はもっと多く約6万2000頭で、殺処分となったのは約3万5000頭です。

 

未だにこんな多くの犬猫達が、毎年のように殺されているんですね。

で、先述のように彼らは、決して安楽死させられているのではありません。

 

保護期間を過ぎた彼らは、保護部屋から機械によって、強制的にドリームボックスと呼ばれるガス室に送られ、いっぺんに数頭ずつ殺処分されます。

 

狭いガス室には二酸化炭素ガスが噴射され、苦しみながら数十秒で死んでいくのです。

睡眠薬等で眠るように死なせるなんて、そんなことはしないんですよ。

 

それはなぜなのか、お分かりになりますか?

理由は簡単です。

 

いちいち睡眠薬を使っていては、コストが掛かってしまうからです。

 

二酸化炭素ガスで窒息死させてしまえば、そのコストは1頭当たり78円で済むんだとか。

そして殺された彼らは、そこに従業する係員の手で焼却炉に運ばれ、最後はゴミとして片づけられます。

 

では、このお話がウソではないことを、これからあなたに動画でご覧に入れましょう。

最初の映像は犬の殺処分の様子、続いて次は猫の殺処分映像です。

 

最初に述べたように、心臓の弱い方は、決してご覧にならないで下さいね。

それではどうぞ。

 


協力:yamacha777さん


協力:yamacha777さん

 

いかがでしたか・・・。

ショックで言葉が出ないあなたも、いるのではないでしょうか。

次の項では、この現実の原因を作っているのは誰なのか、明らかにしたいと思います。

 

捨て犬・捨て猫の元凶は、ペットブームに乗った飼い主とペットショップ!

 

 

ペットブームに乗って全国のペットショップには、多くの犬猫好きの人達が集まります。

その影響を受けて、最近ではホームセンターの一角でも、子犬や子猫が売られていますよね。

動物と言うのは一番可愛いのが、生まれて少ししか経っていない、子犬や子猫の時なんです。

 

初めは動物など全く飼う気はなかったのに、小さな彼らを目にしてしまうと、衝動的に購入してしまう人の何と多いことか!

 

飼い始めて数ヶ月の間は、どんな犬でも小さくて苦にならないのですが、1年も経つと大型犬なら、購入した頃の倍以上に大きくなってしまうことでしょう。

そんなことは分かっていたはずなのに、結果的に大きくなった彼の世話が大変になり、しまいに捨ててしまう人がいるんです。

 

また、自分に子供ができて家の中で飼えなくなった、引っ越しで先に連れていけなくなった、世話をする人が亡くなって面倒が見れなくなった・・・。

などなど色んな理由で、人の身勝手で彼らは捨てられます。

 

ペットショップにしたってそうです。

 

仕入れたものの、気性が荒い・病気になったなどの理由で、1年以上も売れ残った場合、無情にも山に捨ててしまう業者がいるんです。

 

捨ててしまうくらいなら、誰かに無償であげてしまえば良いのに・・・、とあなたは思うかも知れませんね。

でも、悪徳業者はそんなことはしません。

 

なぜなら、そんなことを常にしてしまったら、ペットの流通価格が下がってビジネスにならないからです。

生まれて1年も売れ残った犬猫がタダになるなら、それをあてにして、あえて買わない顧客もいるに違いないですからね。

 

いずれにせよ、犬や猫などペットたちを生き物ではなく、単にモノ扱いするような人間のせいで、彼らが犠牲になっているのは紛れもない事実です。




 

捨て犬・捨て猫が殺処分されないようにするためには?

 

 

野良になる捨て犬・捨て猫を出さないためには、どうしたら良いのでしょうか?

 

それにはまずペットショップで、安易に子犬や子猫の販売ができないよう、規制することでしょう。

 

成犬・成猫ならば、どんな世話をすれば良いかすぐに想像できるので、お客は衝動的に購入しようと思わないはずです。

どうしても子犬や子猫が欲しければ、信頼できるブリーダーからレクチャーを受け購入すれば、こんな悲劇は起こらないでしょう。

 

もちろんブリーダー側も、ちゃんとお客の身元確認をして、誓約書も書かせて譲らないといけません。

また誓約書を書かせるとともに、先ほどの動画も見せると良いと思います。

 

ペットは私達と一緒で生き物であり、おもちゃでないことを全ての人が悟る必要がある旨、あなたも自覚して下さいね。

 

 

 

コメントを残す