『物置部屋で見違える収納術』ごちゃついた部屋をどうにかしたい!

 

日々の生活に追われていると、物の整理もおざなりになりがち。

後で片づけようとして忘れてそのままになり、それが積み重なってもう片付けようがない!・・・、そんな覚えあなたにありませんか?

 

そのうち物を収納している物置部屋が、油断するとあっという間にごちゃごちゃになってしまいますよね。

 

そんなごちゃついた部屋になる前に決めておきたいことは、物の住所を決めておくことです。

ボールペンなら文具類を入れている場所へ、薬なら医療関係が入っている救急セットの場所へ。

このように物の住所を決めておけば、どこに何を片づけたらよいか分かりますよね?

 

ただ、物置部屋のような特別に物を収納する場所がないのであれば、ホームセンター等で売っている収納ボックスを使うといいです。

収納する場所がなければ、物の住所も決められません。

まずはどうあろうと、最低限の収納場所の確保はしておくべきです!

 

今回は、効率の良い物置部屋の収納術についてお話ししましょう。




 

こんな手があった!使いやすい子供部屋クローゼットの収納術

 

何といっても物が片づけられない場所に、子供の部屋がナンバーワンに上がりますね。

おもちゃや子供の洋服が、そこら中に散乱。

 

片づけようと思っても子供が次から次へと散らかしてしまうので、片づけることすら諦めた方も多いでしょう。

ですが、ちょっと待ってください。

 

今一度、子供部屋の収納方法を見直してみてはいかがでしょうか。

 

恐らくクローゼットや押入れが子供部屋にある家庭が多いと思うのですが、その中はどうなっていますか?

とりあえず、適当におもちゃや服を突っ込み、無理やり扉を閉めている・・・???

もしもあなたがそうであるならば、一度クローゼットの中の物を全て出してみましょう。

 

そして、三段ボックス等の収納ボックスを置き、子供の手が届くところには、おもちゃの住所を作ってみてはいかがでしょうか。

 

一番下の棚には子供がよく使うおもちゃ、その上はたまに使うおもちゃ、一番上は最近使っていないおもちゃ・・・、このようにおもちゃの住所を作ってあげましょう。

おもちゃ用の箱に絵や写真を張っておけば、どのおもちゃを入れるのか子どもにも分かりやすいですよね。

それに、子供のお気に入りの人形等であれば、いっそ片づけるのではなくディスプレイしてみるのもいいです。

子供部屋に飾るのでもいいですし、クローゼットを開けたら子どもの目の高さの所で、人形がちょこんと座っている状態で置くのもありです。

 

では、次はクローゼットの上の方の収納について話しを移しましょう。

 

使いやすさも抜群な収納術!100均でまかなう服の整理グッズ

 

クローゼットの下は子どものおもちゃの収納となると、上はお洋服の収納になりますよね?

子供はすぐに服を汚してしまうため、着替え用の服もたくさんあることでしょう。

衣装ケースに入れているけれど、気が付けば手前にある服ばかり使っていて、いつの間にか奥の服を全然着ないままサイズアウト。

こういうことって多いですよね。

 

これは我が家のやり方になりますが、洋服や肌着シャツは畳むのが面倒なので、洗濯物を干す時に子供用ハンガーで干し、そのままクローゼットの中にかけています。

 

100均なら5個で1セット売っているので、それを2色使って洋服用と肌着シャツ用に分け、見ただけで服と肌着シャツに区別がつきます。

何より、畳まずにハンガーにかけてあるのでどんな服なのかが一目で分かりますから、最近着ているかどうかも把握しやすいです。

 

ただ、クローゼット内のバーには限りがあるので、いくらでも服をかけられるわけではありません。

その場合は、S字フックをバーにかけ、チェーン等で上の子供服に重ならない程度に下に降ろし、そのチェーンの先に新しいS字フックをひっかけます。

これをもう一つ作り、下の二つのS字フックに突っ張り棒等を引っかければ、ハンガーをひっかける箇所が増えます。

上記の説明に出したアイテムは全て100均で買えるので、あなたも一度試してはいかがでしょうか?

 

畳まない洗濯物の収納って、とっても家事を楽にしてくれますよ。




 

まとめ

 

今現在ごちゃごちゃになっている状態の中で、物の住所を決めて収納して行くと言うのは、なかなか根気のいる作業です。

 

ですが、少しずつでも物の住所を決めて片づけを行っていけば、最後には必ず片付きます。

 

どうやったら家事が楽になるかを考えながら、物の住所や収納方法を考えながら片づけると、きっと楽しくなって行きますよ。

頑張って試してみて下さいね。

 

 

 

コメントを残す