え、ノートパソコンのバッテリーは普段は外すべき!?電源のつなぎっぱなしはダメ?

 

最近はネット検索を、スマホやタブレットで行う人が増えていますね。

仕事で使う以外、パソコンに触れることは少なくなったかも知れません。

 

少なくなったとは言えパソコンを使う人の多くは、場所を取るデスクトップ型ではなく、ノート型を使うことでしょう。

そのノートパソコンを主に使う方にお聞きしますが、内蔵のバッテリーって高価なのに、すぐに寿命が来てしまうと感じませんか?

 

通常、正しく使えば2年ほど持つバッテリーですが、使い方によっては1年で寿命が来てしまいます。

どうにかして、もっとノートパソコンのバッテリーを長持ちさせられないものでしょうか?

 

その究極の方法は、普段はバッテリーを外し、AC電源だけで使用することです。

 

今回は、ノートパソコンのバッテリーを少しでも寿命を伸ばす方法について、いくつもの方法を述べることにしましょう。




「え、ノートパソコンのバッテリーは普段は外すべき!?電源のつなぎっぱなしはダメ?」の続きを読む…

クレーマーの不当要求に上手く対応する方法とは?色んな角度からまとめると・・・

 

会社で仕事をしていると、誰でも一度は、クレーマーに遭遇したことがあるでしょう。

それが自分や会社の不手際によるクレームであれば、納得も行き、きちんとお詫びをしなければならないと思います。

 

しかし、最近は理不尽な要求や、店員に土下座を強要したり暴言を吐く、悪質なクレーマーが急増しています。

普段の業務でさえ大変なのに、悪質なクレーマーの不当な要求の対応に追われてしまうと、精神が参ってしまいますよね。

 

繊維・化学・流通・サービスなど、生活関連産業で働く労働者で形成される労働組合に、「UAゼンセン」があります。

ここでの、2017~18年に8万人ほどの組合員を対象にした「悪質クレーム対策アンケート調査」によると、7割以上の人が「客から因縁を付けられたことがある」と答えているんです。

 

迷惑行為を受けた人のうち、「精神疾患になったことがある」と答えた人が1%います。

・・・と言うことは、約800人もいる事になりますね。

 

「強いストレスを感じた」と答えた人は54%、「軽いストレスを感じた」も合わせると、「客から因縁を付けられたことがある」と答えた人のうち、約9割の人がクレーマーの迷惑行為によって精神的なダメージを被っているのです。

 

もはや社会問題ともいえるクレーマーに、上手く対応する方法はないのでしょうか?

いくつかの視点からまとめてみました。




「クレーマーの不当要求に上手く対応する方法とは?色んな角度からまとめると・・・」の続きを読む…

確定申告するならこれらがあれば大丈夫!必要な書類一覧教えます

 

会社員をしている方は、確定申告と言っても控除申請書くらいしか、会社に提出する書類はありませんよね。

 

しかし、サラリーマンを辞め自営業者となって初めて確定申告をする場合には、一体どうして良いのか分からないでしょう。

確定申告には色々な必要書類がありますから、最初に書類の一覧を知っておくべきです。

 

ただ自営業の場合、確定申告が白色申告書なのか、青色申告書なのか分からないかも知れませんね。

確定申告は毎年2月の中頃~3月の中頃の、約1ヶ月の間に申告しなければならないので、日ごろから必要な書類を、小まめに管理しておくのが良いと思います。

 

そんな訳で、今回は、確定申告をする際には書類を始め何が必要なのか、お話しすることにしましょう。




「確定申告するならこれらがあれば大丈夫!必要な書類一覧教えます」の続きを読む…