AT車のシフトレバーにある「S」ボタンって何?「S」ポジションは?「B」と言う表示もあるんだけど…?

 

昔と違って現代の車は、多くがAT車となっています。

今はAT車限定免許もあり、もしかしたら、あなたもその取得者かも知れませんね。

 

ところであなたは、主流のAT(オートマチック・トランスミッション)を充分に使いこなして運転をしているでしょうか。

シフトレバーのポジションは、「P(パーキング)」「R(リバース)」「N(ニュートラル)」、そして「D(ドライブ)」、この4つを理解していれば車を動かすことができますが、その他のポジションも使っていますか?

 

車によって違いはありますが、他には「S」「B」「M」なんてポジションもあります。

S」はレバー式ではなくて、ボタン式になっている車もありますよね。

 

一体これらはどう言う時に使うのか、ちゃんと理解すべきことなのですが、あなたはご存知でしょうか。

これらのポジションを有効に使うことで、実は、車をよりスムーズに走らせることができるんですよ。

 

今回は、AT車の「S」ボタンや「S」ポジション、また「B」「M」のポジションの使い方に付いて、お話をして行こうと思います。




「AT車のシフトレバーにある「S」ボタンって何?「S」ポジションは?「B」と言う表示もあるんだけど…?」の続きを読む…

『車のチョイ乗りはエンジンに悪いって本当!?』あなたの愛車のシビアコンディション対策!

 

あなたは1回当たり、愛車をどれくらい運転しますか?

もしかして、毎回チョイ乗りになっていないでしょうか。

 

実はこれって、エンジンに悪いことをしているんです。

チョイ乗りと言うと、エンジンに優しくて負担を掛けないと思いがちですが、これは逆で、シビアコンディションになっているんですよ。

 

今回は、車のチョイ乗りはエンジンに悪く、故障の原因にもなることをお話しましょう。




「『車のチョイ乗りはエンジンに悪いって本当!?』あなたの愛車のシビアコンディション対策!」の続きを読む…

車の運転が下手な女ですが、これを上手く克服できますか・・・?

 

『私はいつも緊張して、車の運転が下手な女性です!

方向音痴だし、たまに助手席に乗せる家族にはいつもハラハラする、と言われてしまいます。

これでも一生懸命に頑張ってるんですけども・・・。

でも、重大な事故に至ってない事だけは幸いだと思っています。

恐らく、乗っている車の特徴が、運転の下手な人間でも扱いやす車種、と言うのが大きいのでしょう。』

 

実はこれ、私の妻の友人である女性のお話です。

運転にどうしても緊張してなじめず、いつも余裕を持ってドライブできない人って結構多いですよね?

今回は彼女のように、「これからも車の運転を頑張らねば」と言う方のために、上手く運転を克服できる方法についてまとめてみました。




「車の運転が下手な女ですが、これを上手く克服できますか・・・?」の続きを読む…