結婚後もバリバリ働きたい婚活女性!だからと言って相手が無職で大丈夫?

 

婚活を続けていると、
いろいろな人と出会いますよね。

その中で、仕事を辞めたばかり等の理由で
無職な人も時折見かけます。

 

結婚しても仕事が楽しいから、このままバリバリ働きたい!

そう考えている人もいらっしゃいますが、
だからと言って、もし相手が無職でも大丈夫でしょうか?

 

今回は、無職の人を結婚相手の候補に
入れても大丈夫か、考えてみることにしましょう。




 

無職の相手と結婚するメリットはどこにある?

無職の人と結婚することに対してのメリットは、
自分が結婚後にどのような生活をしたいかによって変わります。

 

結婚後もバリバリ仕事を続けたいあなたであれば、
自分が一家の大黒柱となる道があります。

 

そして、相手には専業主夫になってもらい、
仕事で手が回りにくい家事や育児など
担ってもらえる(だろう)メリットができます。

 

専業主夫になってもらえれば、子どもの急な発熱で
仕事を休まなければならなくなった、

と言う時も夫に任せられるので、
あなたは仕事に集中することができるでしょう。

 

ただ、あなたが結婚後、仕事をセーブして家のことを
しっかりと行いたいと言うのであれば、
無職の人と結婚するメリットは残念ながらありません。

 

理由によっては候補に入れても良いかも?

気になる相手が無職だったから、彼との
結婚は諦めなければならないと思っているあなた。

それならばその前に、相手の状況を知ってから
考えても良いのではないでしょうか?

 

もしかすると、ブラック企業に勤めていたため体を壊し、
真面な会社に就職できるように
頑張っている最中なのかも知れません。

サラリーマンをしていたけども、
近いうちに家業を継がないといけなくなったために、
退職したばかりなのかも知れません。

 

相手が話してくれそうであるなら、
それを聞いてから判断しても遅くはないでしょう。

 

自分が働けなくなった時のライフプランが描けるかが条件

自分が一家の大黒柱となり、
相手に専業主夫になってもらうことで万事解決!・・・、
とは残念ながらいかないでしょう。

 

女性は、妊娠、出産があるからです。

 

仕事を頑張りたいと思っていても、妊娠をすれば
悪阻(つわり)で体調を崩すことも多くなるでしょうし、
できる仕事も限られてきます。

出産後は、育休を取らずに
仕事に戻れば大丈夫と考えるかも知れませんが、
体力がそれまでに回復するかは分かりません。

 

あなたが働けなくなった時、短期でも、
あなたの穴を埋める覚悟が相手にあるのかを
知っておいた方が良いでしょう。

いろいろな人と出会う機会がある婚活。

 

あなたが結婚後にどのように生活したいのかによって、
相手に求めるものが変わってきます。

今一度、自分が結婚後に、どのような
暮らしをしたいのかを改めて考えておきましょう。

 

 

コメントを残す