婚活女性がぜひ知っておきたい男性側の本音ってナニ!?

 

婚活を頑張って続けていれば、
デートにまで発展するものですよね。

ですが、この初デートで失敗をしてしまい、
お付き合いにまで至らない方が一定数いらっしゃいます。

 

私の友人の妹もその一人です。

29歳から婚活を始めた彼女は、30歳になった今も
初デート後からお付き合いに至る人がいない状況です。

 

今回は、彼女の体験談をもとに、
婚活女性の何がダメなのか
男性の本音で考えてみましょう。

 

匿名を条件に記事にすることを許可してもらったため、
ここでは佳奈美と称します。

 



 

おしゃべりがそんなに得意じゃない人もいる

佳奈美が初めてのデートで行くのは、
喫茶店や居酒屋と言った
飲食店であることが多いそうです。

そこで初めて一緒に食事をとったりするそうですが、
なかなか話が盛り上がりにくいのだと言います。

 

あなたも、経験があるのではないでしょうか?

それほど親しい仲ではない人と話していると、
何を話せば良いのか分からず、
お互いに無言になってしまうことが・・・。

 

今回の佳奈美の例もそれです。

特に男性に多いのですが、おしゃべりが
そんなに得意じゃない人だっています。

 

こちらから話題をふり、
話しやすい雰囲気を作ることが大事です。

 

男性側もある不安をもっと察するべき

初めてのデートって、不安が付きものですよね。

ですが、それは
相手の男性にも言えることです。

 

彼女はどうやら、男性側も不安を抱えていると言うことを
認識していないまま初デートに行っていたようで、
お付き合いまでに至らなければ、色々と文句を言っていました。

 

曰く、

「せっかく行ったのに、だんまりばっか。
頑張って話しかけているのに相槌くらいしか打たない。
つまらない人だった」

等・・・。

 

いやいや、それは
相手も緊張してのことですから。

相手も不安があるということを認識してさえいれば、
佳奈美はもう少し違った見方ができたでしょう。

 

収入ばかりに食いついてこられては気が引ける

結婚後は仕事をセーブしたい彼女が気になることは、
デート相手の仕事や収入についてです。

一応それとなくを意識して聞いたようですが、
初めてのデートでそればかりを探るのはどうでしょうか。

 

いくら遠回しな聞き方を意識していたとしても、
何となく収入について知りたいんだなと勘づく人も多いです。

初めてのデートなのに、自分の収入ばかりに意識をされていては、
男性側も次も会いたいとは思いませんよね?

 

収入等が気になるのであれば、数回デートを重ねた後に
将来のことを見据えて話し合えば良いのです。

 

まとめ

初めてのデートの時だけではありませんが、
自分の不安や緊張ばかりを意識するのではなく、
相手にも気を遣うようにしましょう。

 

相手も、あなたと同じ一人の人間なのです。

自分と同じように、不安や緊張をすると言うことを
意識するように心がけて下さいね。

 

 

コメントを残す