30代に突入したのに結婚できない女の特徴って何がある!?

 

美人で若い頃から何もしなくても男性からのアプローチがあり、
彼氏が途切れることがなかったかつての会社の後輩A子。

私とA子とは、私が退職した今でも、
時々連絡を取り合って食事をしたりする中です。

 

そんな彼女がやっと30歳を過ぎて結婚に焦り、
やっと婚活を始めました。

で、すぐに結婚するのかと思いきや、
意外と難航しているらしく、相談を受けることがあります。

 

私自身も色んな婚活を経て結婚をしたため、
30代で婚活が難航している女性の特徴について
まとめてみようと思います。




 

理想の相手が20代のころと変わっていない

婚活をしてもなかなか結婚できない女性の相談を聞くと、
だいたい第一声は「いい男がいない」と言います。

その次は「普通の人でいいのに、普通の人がいない」。

 

よくよく話を聞くと、

「年収は600万あれば良い」
「身長は自分より高ければいい」
「顔も別にイケメンじゃなくても」

・・・と言うのがA子を含め、彼女たちの「普通」。

 

しかしながら、婚活市場では
彼女たちの「普通」は「高スペック」。

彼女たちの言う「普通の人」は、
婚活をせずともすでに20代のうちに、
したたかな女性に青田買いされています。

 

婚活が難航している30代の女性の共通点は、
なかなか婚活市場での「普通」を
受け入れることができていないことです。

 

彼女たちがうまく行くためには、
結婚への理想を20代のきらびやかなものから、

30代の落ち着いたものにすべきとアドバイスしますが、
なかなか腑に落ちない御様子です・・・。

 

未だに20代が集まるイベントに参加している

婚活が難航している女性の共通点。

 

次は婚活市場に多い
「ちょっと奥手な男性」では物足りないと言うもの。

同年代の高スペック男性が売り切れているなら、
年下男性でも良いか!と思うようです。

 

それだからと20代が主に集まる婚活イベントに
今も参加していると聞いた時は、私も少し驚いてしまいました。

28歳頃から男性も婚活市場に出てくることが多いようなので、
そのような男性を狙っているようですが、
その層は女性に取って適齢期キラキラ層なんですよね。

 

もちろん、年上はNG!と言う男性は多くはないでしょうが、
20代メインのイベントに30代女性がいたら・・・、

逆の立場なら20代の彼女たちは
おそらく文句を言っているでしょう。

 

つまり、そういうことです。

 

年齢相応の気配りができない

婚活市場や自身のスペックを把握せず、
若い頃の理想を持ったままの女性は、
自分が選ぶ立場にあると思っていることがほとんど。

 

これははっきり言って、
男性に対して失礼だなと思います。

人は誰しも、年齢相応の言動や
対応を自然と求めますよね。

 

年齢は誰しも重ねるものです。

いつまでも若い時の態度のままでいることは、
自分の評価を自分で落としているようなもの。

 

婚活はもちろん、恋愛も対人関係なのです。

相手への敬意と気配りは、
忘れてはいけないと思います。

 

さて、いかがだったでしょうか。

 

「普通でいい」

「私が折れれば結婚なんてすぐできると思う」

これらは、リアルで聞いた言葉です。

 

私はこう言った発言こそが
結婚できないゆえんだと思います。

これを読んで、もしもあなたがイラッとしたなら、
ちょっと自分を見直す機会かも知れませんよ。

 

 

コメントを残す