こんな婚活女性はイヤ!男性が怖いと思うアラフォー女性の言動

 

真剣に結婚相手を探しているのに、
なかなかうまくいかない

仕事も自分磨きも頑張っているのに、
なぜうまくいかないの!

 

やっぱり男性は若い子がいいのね・・・。

 

ちょっと待って!それって本当に
年齢だけがネックになっている?

まずは、自分の言動を
見直すところから始めてみよう!




 

見た目がギラギラしている

ある婚活男性が言っていました。

「婚活しているアラフォー女性は、ハンターの目をしている」、
「喰われそうで怖かった」と。

 

私の結婚相手に、ふさわしい男性はいないか?

子供のことを考えたら、年下の男性でもいいかしら?

 

とにかく、いい男をゲットしなくては!と、
ギラギラしている女性、実は結構多いようです。

若い女性に、ギラギラしている婚活男性が嫌がられるように、
ハンター女性だって婚活男性には嫌がられてしまいます。

 

最近の男性、
特に婚活をしている男性は奥手な人が多く、

あまり女性の方から積極的に攻めてしまうと
引いてしまう人も少なくありません。

 

素敵な男性と出会えた場合は、
「あなたのことがとても気になります・・・」と、
控えめにアピールするのが好感を持たれますよ。

 

相手の職業・年収を細かく聞き出そうとする

結婚は生活です。

恋愛時のように、甘い
時間ばかりではありません。

 

しかしながら、
婚活の時点であまりにも現実的すぎるのは、
男性にとっては負担です。

 

職業や年収を細かく聞かれるのは、女性でも
気持ちが良いことではありませんよね?

もちろん、結婚相手を探す婚活の場で出会うため、
「こんな人と出会いたい!」と言う
理想の男性像は誰にでもあるでしょう。

 

しかし、その理想追い求めるがゆえに、
一期一会で出会ったお相手に
根掘り葉掘り聞くのはマナー違反です。

 

「この年収の人と結婚できれば誰でもいい」

 

職業や年収について根掘り葉掘り聞くことは、
そのように捉えられてしまっても仕方ありませんよ。

条件と結婚する訳ではないんでしょ?

もちろん条件も大事ですが、まずは目の前の
お相手男性の顔を見て下さいね。

 

常に上から目線で見るのは危険!

いくつになっても女性は、
男性に想われ追いかけられたいもの。

そのせいで、つい「自分が選ぶ側である」
と、思いがちです。

 

さらにアラフォー女性たちは、
仕事もバリバリ頑張ってきた自負があるため、

面接官のような目で
婚活相手を見てしまうことが多いようです。

 

結婚は一人ではできません。

お相手にも感情があります。

評価されるような目で見られたら、
どんな気持ちになるでしょう。

 

「あなたは私の結婚相手にふさわしいので合格!」

そのような態度を取られたら?

 
まずは、
「自分がされて嫌なことは相手にはしない」のを肝に銘じ、
お相手の気持ちを尊重するよう心がけましょう。

 

 

コメントを残す