【婚活してるのに料理ができない】それって結婚に不利?それとも大丈夫?

 

女性だからと言って全ての方が料理好き、
または料理が得意であるとは限りませんよね。

 

もしかしたら、婚活している方の中には、
料理ができないと婚活がうまくいかないのでは?
と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ここではそんな方のために、
婚活において料理ができなくたっても大丈夫!
と言うことについて述べてみようと思います。




 

料理が苦手でも、あまり気にしなくてOK!

婚活中の女性の中には、料理ができないことに、
不安やコンプレックスを抱く方は実は多いようです。

料理は、一人暮らし経験があったり、
親の替わりに料理を作る機会が多かったりなどと、
きっかけがないとなかなか上達しない家事です。

 

特に最近は、仕事で多忙な女性が増えたこともあり、
料理はそんなに得意じゃない方が増えて来ています。

ところが最近の男性は、
女性に対して昔ほど料理のスキルを求めていない、
と言う事実をご存知でしょうか?

 

男性の中には、自分だって
料理がそれほど得意ではないので、

「料理の苦手なことを気にしている女性とお付き合いしたら、
じゃあ一緒に作ろうよと、話すようにしています」

と言う方。

 

また、

「別にできなくてもいいよ。
作れないなら自分が作ればいいんだし」

と言う方もいます。

 

料理ができないことに対して、本当に
抵抗感は持っていないようです。

ですので料理ができなくても、
それほど気にしなくて大丈夫なんですよ。

 

料理や家事が苦手なら早いうちに打ち明けておこう

それでも、もし料理や家事が苦手で
婚活する際に不安がある方は、

早目に相手に打ち明けた方が良いかも知れません。

ただ打ち明ける際にも、
「料理が苦手だけど、今、母に習っていて」と言うように、
なるべく前向きな形で打ち明けるようにしましょう。

 

一番良くないのは、相手に嘘をつくことです。

一度嘘を付くと、相手と気まずくなってしまう可能性もあるので、
料理や家事が苦手な場合は正直に伝えた方が良いでしょう。

 

料理や家事が趣味の男性だっている

実は男性の中には、
「料理や家事が得意でむしろ率先してやりたい」
と言う方もいるんです。

 

特に若い年代の男性には、
「近い将来、女性ばかりが家事をする時代ではなくなる」

と見越していた母親に、子どものころから
家事を教え込まれている方も増えているようです。

 

ですので、家事が不得意な女性を
ネガティブに捉える人は実はごく少数派。

 

「得意じゃないなら、僕がやればいい」、
「お互いに得意なことをし合えばいい」
と考える男性も多いのです。

もし、どうしても料理や家事に自信が持てない方は、
まずは役割分担を決め、自分が比較的得意な分野から
始めてみると良いかも知れませんね。

 

まとめ

今の時代は料理ができないからと言って、
婚活で不利になる
可能性は低いと言えるでしょう。

 

それよりも、
相手に料理が得意ではないことを
最初に正直に打ち明けておくこと。

そして、早目に役割分担を
決めておくことの方が大切なのです。

 

 

コメントを残す