婚活するとしたら、無職女性はやっぱり避けられる?

 

婚活を始めたいと思っている方の中には、
現在は求職中または家事手伝いで、
無職の方もいるのではないでしょうか。

またそのことが理由で、婚活を始めることを
ためらっている方もいるかも知れませんね。

 

そこで今回は、現在無職になっている方の、
婚活の進め方について触れて行こうと思います。




 

無職であることは隠すべきか?

現在無職で、婚活を始めたいと思っている女性の中には、
無職では不利になるのではないか、

無職であることは隠しておいた方が良いのではないかと
考えている方もいらっしゃるのでは?

 

結論から言えば、無職を隠すべきではありませんし、
また、だからと言って相手に嘘をつくのも良くありません。

無職の女性には、ちゃんと働いている方が有利なのでは・・・
と思う気持ちがあるため、
婚活は無職では不利と考える女性もいるようです。

 

でも実際には、決してそのようなことはありません。

男性によっては、
無職の女性の方が家庭に入ったもらう場合に
良いと考える場合もあるでしょう。

 

むしろ仕事ができると自慢する女性よりも、
ずっと控えにしている方が魅力的だと思われます。

決して不利だと決めつけずに、無職でも
婚活をしてみると良いでしょう。

 

無職の理由を考えておく

一言で無職と言っても、
仕事を退職してしまって全く収入のない無職なのか、

家が商売や会社経営等で家事手伝いをしながらの無職なのか、
それぞれ事情により色々な種類の無職があります。

 

もし婚活の場で無職の理由を聞かれたら、
なるべく相手に良い印象を与える答え方を
あらかじめ考えておきましょう。

 

例えば、

「資格を取ってその資格を生かした仕事がしたくて
一度退職、今は資格取得のために勉強中です」、

と言う風な感じに答えれば良いです。

 

相手は前向きな姿勢を感じ、将来のために
真面目に勉強している女性だと好感を持つはずです。

また、「会社の方針が変わってしまい、退職を余儀なくされました。
経験はあるので、次の就職先もいくつか候補がある上で就活中です」
と、今は就活中でもあることをアピールするのも良いでしょう。

 

実家住まいの方は「家事手伝いをしています」、
でも良いかと思います。

ただ、嘘を付くのはやはり良くないので、
事実をうまくオブラートに包んで、
前向きな理由を話すのが良いでしょう。

 

無職でも婚活で成功するには?

今は、無料で登録できる
マッチングサイトやお見合いパーティーも多いです。

実際に無職の女性でもこのようなイベントで知り合い、
結婚するケースもたくさんあります。

 

男性側も女性には結婚したら家庭に入り、しっかりと
家を守って欲しい考えの方もいるので、
そんな男性には無職の女性との結婚はピッタリかも知れません。

ただし、そんな男性に選ばれるには、家事全般を
程なくこなせることが、かなり大きなポイントになってきます。

 

無職の女性は、自分のアピールポイントを見つけ、
しっかりとそれを磨く必要がありますね。

第一、男性は料理上手な女性が好きな傾向にあるので、
最低限料理の腕は磨いておかなければなりません。

 

豪華な料理は必要はありませんが、有り合わせの材料で
手際良くメニューを考え作ることができる女性は、
男性にとってもかなりポイントが高いと言えるでしょう。

さらに洗濯や洗濯はもちろんですが、意外にも、
字が上手い女性も男性からの支持が高いものです。

 

“字の上手さは七難隠す”
と、言われるほどの重要なポイントです。

例えばお見合いパーティーなどに参加した際に、
ネームプレートや連絡先を交換する際に書いた文字によって、
男性にさりげなく教養のある女性だとアピールができます。

 

また、基本的なマナー全般も、しっかり
勉強しておくと良いでしょう。

家庭的な女性をアピールするのが、
無職の女性の最大の武器にもなります。

 

まずは、1つでも自分の得意分野を磨いた上で、
婚活に挑んでみることをおすすめします。

 

まとめ

無職で婚活する場合、そのことを
わざわざ隠す必要はありません。

それよりも自分の得意分野を磨き、
家庭的であることをアピールするのが、
とても大切なことです。

 

また、自分が現在無職である理由を、
うまく説明できるようにしておくべきです。

無職であっても気後れすることなく、
自信を持って婚活に望みましょう。

 

 

コメントを残す