婚活女子のあなた!相手の「年収」はそんなに条件として重要?

 

「婚活の女性は、高収入の男性しか目に入らない」と、
多くの男性は感じているそうです。

結婚は生活を共にすることですから、
年収が多いことで経済的な安定を得られるのは、
ポイントが高くなっても当たり前。

 

しかし果たして、年収がその人の
すべてをシンボリック
教えてくれるのか考えてみませんか?




 

本当に多くの女性が相手に「高収入」を望んでいるの?

婚活の際には、さまざまな条件を提示して
マッチングしたり、紹介し合うこととなります。

そこで出てくる条件に、「年収」があるでしょう。

 

「年収300万円位でも平気です。2人で働けばいいんだから」

「年収500万位あればいいかなー。
共働きするんだから同じ位が対等だし」

「年収600万円位だといいんですけど、
結構高望みかもです。でも妥協したくない」

「相手の年収は、1000万円以上ないと困ります。
私は1000万円切る位なんで」

 

どうやら女性は年収と言うより、
自分とのバランスを考えるのが圧倒的です。

 

「女性は高収入を望んでいる」と言うのは、イメージと、
一部の積極的な女性の立ち回りから来る印象かも。

「愛があれば、お金は関係ないです!」
と言い切る方だっていますものね・・・。

 

男性のリアルな収入データ

最低賃金が都道府県ごとに違うように、男性の
平均年収も住む場所によって違います。

 

東京都で652万円、沖縄県で
361万円程度と言われています。

ある転職サイトでは全国平均が487万円で、
年代別だと20代365万円、40代587万円との発表です。

 

この平均という数字は、
超高収入の方も含まれることを前提に、
若干差し引いて考えましょう。

実際のところ、
東京都では25~34歳の未婚女性の40%が、
年収600万円以上の男性を望んでいます。

 

一方で「年収600万円以上もあればエリート」
と言う意識も少なからずあります。

 

年収だけでは分からない、金銭感覚も重要

年収が低いサラリーマンであっても、実家が
資産家の場合は副収入もバカにできません。

もしかしたら、貸しビル業などで
不動産収入があるかも知れませんからね。

 

反対に農業や漁業を商売をしている方で、年収ウン千万でも、
相当の経費が掛かっていて意外に低収入と言うこともあります。

一概に年収だけでは、すべての
収入判断ができないのです。

 

自分と見合った生活感覚が共有できる年収の方を探そう!

高収入でも無駄遣いばかりする男性、
低収入で堅実に暮らしている男性など、
生活に対する価値観はさまざまなものがあります。

 

自分の年収とかけ離れていない人であれば、
あらゆる価値観を共有できる気楽な結婚生活ができます。

男性からも「自分の年収が200万円位なのに、相手に
700万円位を求めるのは勘弁してよ」と言う意見があります。

 

婚活で「高い年収」にこだわることに、
それほど重要性はないことが、
これでお分かりになったでしょ?

 

 

コメントを残す