アラサーが体験した婚活悲惨ストーリー!失敗から学ぶこと

 

アラサーと呼ばれる30代女性の婚活には、
時々悲惨な現実が突き付けられます。

今の時代、30代での結婚は珍しくもなく、
適齢期の年齢が上がった現代では、むしろ平均的と言えます。

 

それでも、
「高齢出産の心配」「27歳をすぎると価値が無くなる」
などの、悲惨な言葉を突き付けられますよね。

経験者の失敗も糧にして、
アラサー婚活を成功させましょう。




 

理想の相手像を求めすぎた

30代女性と20代女性の大きな違いは、
社会人経験の「差」です。

30代ともなると、職場では部下を持つこともあり、
新入社員の指導が回ってきたりと責任が増えてきます。

 

その分、男性本人や、男性の周りの状況を
把握する能力に長(た)けています。

婚活においては、意識するつもりがなくても、
知らず知らず厳しいチェックをしてしまうのが
性(さが)と言うものでしょうか?

 

もっと現実を見つめましょう。

気が付いてみたら、理想の相手像を求めすぎて、
「そして誰もいなくなった」状態に陥ってしまいますよ。

 

必要以上に身構えすぎた

相手に対してだけでなく、自分にとっても
社会常識にのっとった態度を良しとしてしまいます。

「こういう時はこうしないと」と、
仕事上と同じくデキル女を自然に演じてしまい、
素の自分になれないことがあります。

 

目に見えない壁、
下ろしてしまったシャッターのようなものは、
相手が感じてしまうものです。

「今までどんな人と付き合ってきたの?」
「なんで今まで結婚しなかったの?」などと、
30代女性ならではの質問を不躾に投げられるかも知れません。

 

嫌な相手とは顔で笑って、
心で舌を出しても構いません。

印象の良い方と出会えた時は、
若い頃の自分の素直さをほんの少し思い出して、
気持ちをリラックスさせましょう。

 

婚活で失敗しないために

婚活において、アラサー女性の需要は
それほど多くないことを知って下さい。(>_<)

男性にとって、女性は
若ければ若いほど良いのです。(T_T)

 

これは、子供を産んで欲しいと、
いくつになっても考えているためです。

だからと言って上手くいかないからと、
「もう、この人でもいいわ」と適当に決めてしまうと、
後になって友人に紹介できない夫となってしまうかも。

 

中には「結婚は生活のため」と
考える女性もいますが、婚活アラサー女性は、
必要以上に焦ってばかりいるのが特徴です。

 

数字に惑わされるとアラサーの婚活は悲惨になる!

アラサー女性は、男性を見る目が肥えていることも
成婚に至らない原因のひとつです。

35歳以上の女性は、その後10年間で、
結婚する割合は “1%” と言われています。

 

しかし、ちまたにあふれる情報は、
あくまでも平均的なことであり、
どれもがあなたにあてはまる訳ではありません。

「お茶目だな」と笑って許せる程度のことは、
目をつぶってしまいましょう。

 

そうすれば、あなたの短所をも愛してくれる
良い関係の男性に、きっと巡り合えますよ!!

 

 

コメントを残す