婚活パーティー・プロフィールカードでライバルに差をつける方法はコレ!

 

あなたは、
婚活パーティーに何度も参加

しているのに、なかなか上手く行かないと
悩んでいませんか?

「若い方たちばかりが話が弾んで、
自分は年齢のせいか気軽な会話すら続かない・・・」
と、感じていませんか?

 

それはもしかして、
プロフィールカードの活用の仕方
を間違えているのかも知れませんよ。


 

プロフィールカードの役割を再認識する

婚活パーティーでは、相手にお渡しする
プロフィールカードを作成する必要があります。

事前に用意してくる場合もあれば、
その場で書き込んで作成する場合もあります。

 

年齢や職業、趣味、自己アピール
などが必要事項です。

プロフィールカードは、お見合いの釣書(つりがき)とは
目的が違うんですよ。

 

婚活パーティー開催中での、
会話の糸口に使う重要なアイテムなのです。

 

男性の記憶に残るプロフィールカードの書き方がポイント

プロフィールカードは、ただ
単純に正確に記載するだけでは、
男性の記憶に残りません。

パッと読んですぐ理解できる、
簡潔な内容であることが大切です。

 

字を上手に書くことよりも、丁寧に
読みやすく書いた方がベターです。

職業も、「会社員」や「事務」よりは
「広告制作会社の事務」と言う風に、
具体的に書き込むことで相手の興味を引きます。

 

イラストの好きな方なら、余白に書き込むことで、
緊張する場面で親しみやすさを感じて好評です。

絵が苦手なら、
アピールポイントに色付きマーカーを引くだけでも、
相手の気持ちがグッと近づくもの。

 

たとえば趣味の記載に「映画鑑賞」と書き込むだけでなく、
「ホラーは無理ですぅぅ」などと書き添えると、
ちょっとおどけた感じが親近感を作ってくれますよ。

 

こんなプロフィールはNG・あなたも要チェック

ただし、いくら自己アピールしたい情熱があっても、
目いっぱい書き込み過ぎるのは「面倒な女性」
「重苦しい女性」と印象付けていまい、敬遠されます。

「面倒くさい」「重たい」と言う印象だけでなく、
読む気さえなくなります。

 

参加者の誰もが、できるだけ
多くの人と話したいという希望があるので、
一番に候補から外されるかも知れません。

書きなぐったような文字も、
人格レベルを下げてしまいます。

イラストに人気があると言っても、
書き込み過ぎれば「おバカさん」と思われます。

 

自己アピールもやり過ぎれば、ただの
「自慢」か「嫌み」になりかねません。

過剰な書き込みは、NGですよ。

 

プロフィールカードはマイルールを決めておけば安心!

プロフィールカードはその場限りで、
婚活パーティーの閉会とともに破棄されます。

あまり負担に考えずに、相手に話題のきっかけを
提供する位の気持ちで書きましょう。

 

男性側の目線に立って
書き込むのが、おすすめです。

「外食はフレンチが好み」と書くよりも、
「お酒は弱いけど居酒屋に行ってみたい」
と書き込めば、きっと話が盛り上がります。

相手が「釣りをやってみたい」と近づいて、
「でも、行ったことないです」と答えれば、
「じゃあ、一緒に行きませんか」と話が進みます。

 

プロフィールカードは
「相手を会話に誘うためのもの」と理解して、

マイルールを決めておくと良いでしょう!

 

 

コメントを残す