なかなか知れない!婚活から結婚、その後は幸せ?徹底解説

 

「婚活」という言葉が身近になって久しいですね。

あなたはイベント的な「披露宴」よりも、現実的な
「結婚・その後」の方が気になることはありませんか?

 

私は、

・離婚が多くなっていることはないのか?

・婚活で簡単に決めて後悔はしていないか?

と心配になることがあります。

 

ここで、経験者の実際を参考にしてみましょう。




 

婚活の出会いから結婚に発展した人の実際は?

「婚活サイトで出会いました。2年半で結婚です。
恋愛時代が長かったので、今も同じように幸せです」

「あれこれ婚活を始めて2ヶ月後に出会い、
そして1ヶ月後に付き合い始めました」

「結婚前提のお付き合いなので、3ヶ月後に
双方の親に挨拶、1年後に結婚」

「初対面からイイなと思い、
数ヶ月であっという間に結婚」

「婚活イベントで知り合い、
1年で婚約、その半年後に結婚」

など、その後のカップルのペースはさまざまです。

 

女性の場合は出産を意識するため、
30代の方の中には「良い人であるなら」と言う、
善は急げ状態の方も見受けられます。

「結婚後に少しずつお互いを知っていけば良い」

「覚悟と相手への思いやりさえあれば大丈夫」

と、達観した方もいます。

 

結婚顔に破局しやすい男性の特徴

「恋愛相手じゃなく、結婚できる相手」

「老後まで面倒見てくれる家政婦」

を探している男性は、破局しやすいです。

 

いたって普通の男性なのに、

「母親と一緒に寝てる」

「親戚付き合いが多すぎる」

「相手の家のカラーに付いていけない」

など、男性の生活環境が濃密すぎる場合も、
破局しやすいと言えます。

 

女性の内面を良く理解していないタイプも、
破局しやすいと言えますね。

お付き合いの間は、お互いの頑張りで
楽しい時間を共有できますが、

「結婚後の生活で嫌がることもさせる」

「できないこともさせる」と、

求めることだけが多くなってはダメです。

 

結婚からその後の生活は一体どうなの?

婚活経験者で、「自分への否定」→「自信をなくす」→
「年齢などのリミット」→「妥協で結婚」と言う
コースをたどる方が多いのは事実です。

「やっと結婚できた!」と言う達成感の後は、
人それぞれとしか言いようがありません。

 

「出会い以外は普通の恋愛結婚と同じ」

「やっぱりこれも縁だと思う」

「別れる人は別れるし、続く人は続く」

など、友人の紹介でも、自然な出会いでも、
たいてい結婚を頭に入れて恋愛するのですから、
当然と言えば当然ですよね?

 

恋愛と結婚の違いも考えよう!

「2番目位に好きな人と結婚した方が上手く行く」

「しょせん生活なのだから経済的な面が大事」

と、ひとりひとり考えも違います。

 

自分の中で、しっかりと
優先順位を見極めましょう。

「いい人なら誰でも良い」はずはありませんよね?

 

実は、根本にある条件は皆、
「一緒にいて居心地の良い人」です。

「恋愛は好きな人を大事にすること」

「結婚とは好きな人ともっと一緒にいたいこと」

です。

 

このいちずな自分の思いを、
見極めるようにしましょう。

幸せは、いつも
自分の胸の中にあるんですよ。

 

 

コメントを残す