結婚したい!けど婚活の場に行くのが怖い女心

 

「結婚したいけど、婚活の場に行くのがなんだか怖い
――そんなあなたに、ある女性の体験談をご紹介します。

 

同じような悩みを抱えている女性は、
たくさんいます。

今回登場する女性は30代前半のS代さんで、
初めはなかなか婚活を実行できずにいました。

 

この体験ストーリーが、
これからのあなたの背中を押してくれる、ひとつの
きっかけになってくれることを祈っています。




 

結婚したいと思っても婚活に踏み切れない理由

私は同級生の彼と高校時代から付き合い始め、
お互い大学も卒業して就職5年目、
周りからも結婚間近と思われていた矢先のことでした。

 

突然、彼から
別れを告げられたのです。

理由は、新しい彼女ができたから・・・。

 

相手は、職場の後輩で、
その娘に運命を感じたそう。

私とは、結婚する運命じゃなかったんだ、
と何とか言い聞かせて諦めました。

 

あれから2年近く経った頃、
一旦は婚活しようと思いました。

 

「でも、好きな人ができたとしても、
また運命の人じゃないって振られるかもしれない」

って、後ろ向きな考えばかり頭に浮かんで、
なかなか婚活に踏み切れませんでした。

 

婚活の場が恐怖に感じてしまう原因

大げさですが、
恋愛恐怖症みたいな状態になっている私を見て、
あれこれ世話を焼いてくれたのが、4歳上の姉でした。

 

すでに結婚していた姉は、
義兄の職場の家族同伴のバーベキューや

バス旅行などに私も誘ってくれて、
段々人と接することに慣れて行きました。

 

この勢いで婚活サイトに入会して、
パーティーイベントに参加することにしたのですが、
いざその場に行ってみると・・・。

もともと人見知りであがり症、
知らない人たちばかりの中にいるのはストレスでした。

 

仲良く話している人たちを、
ぼんやり眺めている状態でした。

 

婚活の場への恐怖を克服するには?

パーティーでポツンとしていた私を見かねて、
スタッフの女性が勇気づけてくれました。

その女性の言葉は、これまでのイベントで
たくさんの女性と接してきた経験に基づいたもので、
とても共感できたのです。

 

【私を勇気づけてくれた言葉】

●何をやるにしても「初めて」はあるから、1回目はうまく話せなくても大丈夫。とりあえず今日は「こんな場所なんだ」って雰囲気を味わって下さい。

●積極的な人は、普段の生活で相手を見つけているはず。婚活市場って、男性も女性も何かしらの気後れがあって、似た境遇の方が多いんですよ。

●今日は、好みの男性がいなくてご免なさい。

●婚活って「活」という字が付くから、つい身構えてしまいがちですが、「活」じゃなくて「演習だ」と気楽に思って。

 

そこで、勇気を持って
「男性と話す練習をしちゃおう」
と心に込めました。

こうして、何度かパーティーに参加して、現在は
「この人」と思える男性とお付き合いしています。

 

「やらない後悔より、やって後悔しよう」の気持ちで
気軽に参加するようにしたら、
自然体で話せる相手と巡り会うことができましたよ。

 

 

あなたももし、今、婚活前のS代さんのような状態なら、
気持ちを軽くして練習のつもりで、
イベントに参加みてはいかがでしょうか?

ものは試しと行動を起こすことで、
良いきっかけを掴むことになるかも知れませんよ。

 

 

コメントを残す